猛毒ヒアリが身近に??

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

下記記事のようにヒアリだけで無く

アカカミアリも見つかり

子供を持つ主婦の方にとって心配の種が

増えましたね。

公園などで遊ばせるときは充分な

注意が必要でしょう。

記事では下記の様に報じています

環境省大阪市などは4日、大阪南港で、

強い毒を持つ外来種「ヒアリ」

見つかったと発表した。

国内での発見は、兵庫県尼崎市神戸市

愛知県弥富市に続き4件目。女王アリと

みられる個体もいたという。

同省によると、女王アリとみられる個体が

国内で見つかったのは初めて。

大阪市によると、環境省が6月30日、

同港を調査したところ、香港から来た

コンテナ周辺の地面から、ヒアリか、

別の毒を持つ外来種アカカミアリの

可能性のあるアリをまとまった数で発見。

環境省が専門家に依頼して調べたところ、

7月3日、一部がヒアリであることが

わかった。

さらに同日、約50体のヒアリとみられる

アリの死骸を回収。

女王アリとみられる個体も含まれていた。

同省は付近でヒアリが繁殖している

可能性もあるとみて、今後、詳しい

調査を進める。

ヒアリは南米原産。

体長は2・5~6ミリ。

攻撃性が高く、刺されるとやけどのような

激痛が走り、アレルギー反応の

アナフィラキシーショックによる

死亡例もある。

一目で見分けるのは難しく、環境省

「あやしいと思ったら触らず、万一刺

されたらすぐ病院へ」と注意を

呼びかけている。

市によると、強い毒を持つ外来種

「ヒアリ」が16日に同じ

コンテナヤードで発見されたため、

市と環境省が緊急調査を実施。

ヒアリの確認地点から東に

約120メートルの場所で20日に

別の似たアリが見つかり、処理した上で

調べたところ、21日にアカカミアリと

判明した。

環境省によると、アカカミアリは

米国南部~中米原産で、国内では

小笠原諸島硫黄島で定着している。

本州では植物検疫で確認された例が

複数あるが、生活圏で見つかった

ことはない。

ヒアリに比べ、毒性や人への攻撃性は

弱いものの、刺されると激しい

痛みを伴う。2005年に外来生物法に基づく

特定外来生物に指定されている。

ヒアリは赤焦げ茶、お腹は黒い

しかし見た目だけで簡単に見分けられる

ことは出来ませんしかし日本の蟻は

塚を作ることは有りません普通と違う

蟻塚、直径20~60㎝高さ15~60㎝を

見つけたら近寄らないで通報することです。

また噛まれて激痛があったら迷わず

医師の診察を受けましょう。

SNSフォローボタン

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする