リンちゃん無言のベトナム帰国

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

両親に伴われたリンちゃんの棺はハノイの空港に着くと

リンさんの祖父母ら30人ほどの親族が棺の周りに集まり

帰ってきてと目に涙を浮かべ泣き叫ぶ姿が見られ

父親は棺に冬用の上着をかけ、母親は周りの人に

抱えられむようにして 手を合わせる姿は見る人の

目に涙を誘っていたようです。


祖母は昨年12月下旬冬休みに遊びにきたリンさんの

姿を見たのが最後だった。

起きたことが信じられない、つらくて耐えられないと泣き崩れた

1人で通学する孫に祖母は大丈夫なのと心配していたのです。

この時、母親は,日本語は安全だから心配しないでと言っていました。

しかしこのような不幸な事故が起こったことに

日本でもっと子供も守ってあげることができなかったのかなど

周囲からの疑問の声がたくさん寄せられたようです。


*************************************************************************

祖父母宅に近い雑貨店の男性は1年前に里帰りした時の、

リンさんに感心したことを覚えていると語り。

食べ終わったお菓子の袋をいつまでも持っている

リンちゃんに理由を聞くとゴミ箱がないからと

答えたといううと言う。

礼儀正しい子だった、買い物に来たとき

日本語でこれは何て言うのと聞くと上手に答えて答えてくれた。

本当に賢い子だったと涙ながらに話してくれたようです。

また母方の祖父母の希望で、最後に孫の顔をひと目見たい

この希望を叶えるため日本で火葬せずに遺体のまま

祖父母の元に帰ることが出来ことに

日本とベトナムの関係者に感謝していらっしゃるようです。

日本の関係者にはどうか犯人を1日も早く逮捕して下さい

とも話されていました。

*************************************************************************

リンちゃんに託した将来を打ち砕かれた両親の気持ちを思うと

やりきれません。

強いものが弱い者を殺害するとは

(強きをくじき弱きを助ける)日本の心は

忘れさられたのでしょうか?

大部分の日本人は忘れてないですよね。

これからの日本を背負う若い方たちに今一度

思い出してほしいものです。

優しく、規律正しく、義を重んじる日本であってほしい

こう思うのは私だけでしょうか?


SNSフォローボタン

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする