夏ばてとは?夏バテの原因・症状

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

夏バテがおこるメカニズムを解明!

夏になって暑くなる今

「なんとなくだるい」、

「食欲が無くなる」、

「無気力」と

あなた感じてませんか?

夏バテは、はっきりとした痛みや

日常生活に差し障るような

重大な症状無いことが多くつい

涼しくなるのを待っていませんか?

元気に過ごすためにちょっと工夫する

だけで、夏バテは防げるものなのです。

暑い夏を元気に過ごすために、夏バテの

原因とメカニズムを知って、

予防しましょう。

 夏バテの3大原因

 体内の水分とミネラルの不足

人間の体温は36~37度のときが一番

スムーズに活動すると言われています。

夏になると気温が上昇して体温も

上がるため、身体は汗をかいて体温を

下げようとします。

しかし汗は、体内の水分と一緒に

ミネラル分も体外へ排出してしまうため、

身体に必要なミネラル分も大量に

失われてしまいます。

すると身体は、脱水症状をおこすなど、

体調に異常を発生させてしまいます。

 暑さによる消化機能の低下、栄養不足

真っ先に思い浮かぶ夏バテの症状は

「食欲がなくなる」という人が多いのでは?

暑いと胃の消化機能が低下してしまい、

栄養の吸収が悪くなり、食欲不振を

起こしてしまいます。

栄養の吸収が悪くなると、ビタミン、

ミネラル、たんぱく質といった、身体に

必要な栄養素が不足し、夏バテ特有の

症状が出やすくなります。

また、暑いからといって冷たい飲み物を

とりすぎると、胃腸が冷えてしまい、

胃の働きが低下し、さらに食欲がなくなって

しまいます。

 暑さと冷房による冷えの繰り返し

冷房が効いた室内から、暑い屋外へ

一歩踏み出すと、めまいやたちくらみを

感じたりすることはありませんか?

これは体温を調節する自律神経が、

気温の変化に対応しきれなくなっており、

自律神経失調症をひきおこしている

可能性が考えられます。

自律神経の働きをスムーズにし、

上手に体温を調節するためには、

室温と外気の温度差を5度以内にし、

適度の水分補給を心がけることが

必要です。

生活にリズムを

暑さで眠れず、夜更かしが重なったりすると、

生活のリズムが狂ってきます。

生活リズムのたて直しは、まず睡眠を

きちんと確保することから。

就寝時刻と起床時刻をキッチリ守りましょう。

エアコンは上手に利用

外気温との差を5~6度以内に冷やし

すぎは体調をくずします。

除湿だけでも高温多湿な日本では

随分楽になります。

就寝中にエアコンをつけっぱなしにすると、

夏かぜや下痢、体調不良の原因になります。

暑くて寝苦しいときは、寝る前に寝室を

冷房で冷やしておくと、気持ちよく休めます。

寝付きが悪いときはぬるめのお風呂に

ゆっくり入ると自律神経を落ちつかせ、

心身がリラックスします。

起床時の脳梗塞発症が多く心配

されます就寝前のコップ一杯の

水分補給も忘れないようにしましょう。

夏を乗り切る対策食生活

食生活は栄養のバランスを考えると

そば、そうめん、冷し中華などあっさりした

ものだけでは栄養不足。

汗をかくことが多い夏場は、ビタミンや

ミネラルの消耗が激しく、積極的に

補給しなければなりません。

新鮮な野菜や果物、乳製品などを努めて

とるようにしましょう。

食事は量より質

食欲がなくても、1日3食きちんと

食べましょう。

胃に負担がかからず消化のよい

たんぱく質(卵、肉、魚、牛乳など)、

ビタミン(野菜や果物など)、

ミネラル(牛乳や海草など)を少しずつ

多くの種類食べることでバランスの

良い夏ばて回復の食事になります。

またショウガやワサビ、コショウなどの

香辛料、シソ、ミョウガ、ネギなどの

香味野菜は、食欲を刺激

食欲をまします。

なおタンパク質の摂取も必要です。

食欲がなくて、肉や魚を食べる気がしない

時は、たんぱく質を枝豆や豆腐などで

とるとよいでしょう。

つまりバランスよく、

少しずつでも、いろいろな種類の食品を

とりショウガやワサビ、コショウなどの香辛料、

シソ、ミョウガ、ネギなどの香味野菜は、

食欲を刺激します。

上手に利用して食欲を取り戻して下さい。

清涼飲料水もとりすぎない

冷たいもののとりすぎは、胃腸の働きが

抑えられ、清涼飲料水を1日に何本も

飲むと、その甘味が食欲を減退させて

しまいます。

たんぱく質の摂取

食欲がなくて、肉や魚を食べる気がしない

時は、たんぱく質を枝豆や豆腐などで

とるとよいでしょう。

夏から秋にかけ季節の変わめ疲れが

いちばん顕著に出ます。

気持ちよく秋を迎えるためにも

暑い時期の今、対策をかんがえ

乗り切りましょう。

SNSフォローボタン

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする