ニーアの九州地方ネタ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

07月26日(水)

体感温度指数

九州北部地方は、気圧の谷や湿った空気の影響により、
曇りで雨の降っている所があります。
26日の九州北部地方は、昼前までは晴れる所もありますが、
気圧の谷や湿った空気の影響により、概ね曇りで昼過ぎからは
雷を伴い非常に激しい雨の降る所があるでしょう。
福岡県では高温が予想されるため、熱中症など健康管理に注意してください。
27日の九州北部地方は、湿った空気や日射の影響により、曇り時々晴れとなり、
昼過ぎからは雷を伴い激しい雨の降る所があるでしょう。
波の高さは、対馬海峡では、26日は2メートル、27日は1.5メートルでしょう。
九州西海上では、26日と27日は1.5メートルでしょう。
豊後水道では、26日と27日は2メートルでうねりを伴うでしょう。
福岡県の内海では、26日と27日は0.5メートルでしょう。
<天気変化等の留意点>26日06時から27日06時までに予想される雨量は、
多い所で1時間に30ミリ、24時間に50ミリの見込みです。

きょうの天気

きょう(26日)は、前線が九州から関東付近を
ゆっくり南へ下がり、夜は本州の南岸に
延びるでしょう。
前線に向かって暖かく湿った空気が
流れ込んで、九州から関東では激しい雨や雷雨、落雷や突風に注意が必要です。

一方、東北や北海道は高気圧に覆われるでしょう。

<各地の詳しい天気>
沖縄は晴れますが、昼過ぎから強い雨や落雷にお気をつけください。九州から関東にかけては日差しがあっても、天気の急変に注意が必要です。所々で雨や雷雨となり、局地的に滝の

ような激しい雨が降るでしょう。
落雷や突風にもお気をつけください。
北陸は日中は晴れ間が広がるでしょう。
東北や北海道も晴れますが、昼前まで濃い霧の発生する所がある見込みです。
見通しの悪い所がありますので、車の運転などはご注意下さい。

きょうの最高気温

日中の最高気温は、きのうと同じか高い所が多く、沖縄や九州から東海は、厳しい暑さになりそうです。那覇と鹿児島は33度、福岡32度、高知33度、広島や松江は31度、大阪34度、名古屋33度の予想です。湿度が高いので、かなり蒸し暑くなりそうです。きょうも早い時間帯から30度を超えますので、熱中症対策はしっかりして過ごしましょう。東京は28度で、幾分暑さは落ち着きそうです。金沢30度、新潟29度、仙台30度、秋田29度、札幌26度の予想です。北陸や東北、北海道は、日中は比較的空気が乾くので、カラっとした暑さになりそうです。

◆9月 厳しい残暑

今年の9月は例年より太平洋高気圧の後退が早い予想です。秋雨前線の活動は比較的弱く、移動性高気圧に覆われやすい見込みです。このため、北海道や東北は天気は数日の周期で変わりますが、関東から九州は秋晴れの日が多くなるでしょう。沖縄・奄美も平年より晴れる日が多い見込みです。気温は全国的に平年より高く、厳しい残暑となるでしょう。まだ半袖が活躍する日が多くなりそうです。

◆10月 秋晴れ多く

10月は本州付近を中心に移動性高気圧に覆われやすいでしょう。北海道や東北の天気は数日の周期で変わりますが、関東や北陸から九州は秋晴れの日が多いでしょう。行楽の秋、スポーツの秋を楽しめ日が多くなりそうです。沖縄・奄美も平年同様に晴れる日が多いでしょう。気温は全国的に平年並みか高い見込みで、暑さがぶり返す日も度々ありそうです。朝晩は次第にヒンヤリする日も増える頃ですので、一日の気温の変化に注意が必要です。

◆8月~10月 降水量少なめも 台風シーズンのため注意

8月は沖縄や九州南部から近畿で、9月と10月は九州から関東で降水量は平年並みか少ない予想です。ただ、この時期は例年、台風シーズン。台風がひとたび近づけば、大雨や大荒れの天気になる恐れがありますので、注意が必要です。
SNSフォローボタン

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする