恐怖の車内放置…エアコン停止から何分で命の危険に?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

今年も5月に山口県防府市でパチンコ中の

母親に置き去りにされ、生後2カ月の

赤ちゃんが亡くなった。

さらに先日、埼玉県上尾市の障害者施設の

男性(19)が送迎用ワゴン車の中に

放置されて死亡している。

今年の夏から秋にかけての気温は?

8月 西日本を中心に酷暑

8月は北日本は低気圧や前線の影響を受けやすくなるでしょう。

一方、太平洋高気圧の勢力が日本の南を中心に強い予想です。

北海道や東北、北陸は平年に比べ曇りや雨の日が多く、夏空は少ないでしょう。

関東から九州、沖縄・奄美は晴れる日が多い見込みです。

気温は全国的に平年並みか高く、特に、太平洋高気圧が張り出しやすい近畿~九州、

沖縄、奄美では、うだるような暑さの日が多いでしょう。

9月 厳しい残暑

今年の9月は例年より太平洋高気圧の後退が早い予想です秋雨前線の活動は比較的弱く、

移動性高気圧に覆われやすい見込みです。

このため、北海道や東北は天気は数日の周期で変わりますが、関東から九州は

秋晴れの日が多くなるでしょう。

沖縄・奄美も平年より晴れる日が多い見込みです。気温は全国的に平年より高く、

厳しい残暑となるでしょう。まだ半袖が活躍する日が多くなりそうです。

10月 秋晴れ多く

10月は本州付近を中心に移動性高気圧に覆われやすいでしょう。

北海道や東北の天気は数日の周期で変わりますが、関東や北陸から九州は

秋晴れの日が多いでしょう。

行楽の秋、スポーツの秋を楽しめ日が多くなりそうです。

沖縄・奄美も平年同様に晴れる日が多いでしょう。

気温は全国的に平年並みか高い見込みで、暑さがぶり返す日も度々ありそうです。

朝晩は次第にヒンヤリする日も増える頃ですので、一日の気温の変化に注意が必要です。

車の中の温度は?

炎天下では、わずかな時間でも侮ってはいけない。

日本自動車連盟(JAF)が最高気温35度の日の車中温度を測定したところ、

黒い車の温度は最高で57度に達し、ダッシュボードは

79度を記録した。

白い車でも52度と74度だから、同じく命に関わるレベルだ。

では、

エアコンを切ってから何分くらいで危険な状態になるのか?

「実験では、エアコン停止からわずか15分で熱中症指数が危険レベル

達しました。

お子さんが寝ているからといった理由で車内に残すのは、短時間であっても

危険です」

ある調査では、コンビニの平均滞在時間は2分12秒(男性1分50秒、

女性2分35秒)だが、スーパーでは20分を超す。

すぐに戻ってくるからと考えても、それぐらいの時間はかかっているのだ。

ところで、

上がった温度を下げる方法はあるのか。

実は、JAFはこの実験も行っている。

まるで気休めだったのがサンシェード。

銀紙みたいなアレだ。実験では、まったく対策をしない車が最高52度なのに対し、

サンシェードを装着しても50度と2度しか違わなかった。

日なたではなく、日陰に駐車しても7度しか抑えられなかった。

「車のボディーに水をかけたらどうかと、8リットル入りのバケツを3杯かけて

みました。

なんと!下がったのは、たったの0.9度。

車内温度を急激に冷やす方法は、エアコンを付け、窓を開けて走行すること。

約55度の車内温度が1分半ほどで20度台になります」

可愛い幼児を自分のミスで失いたくは無いですよね。

一寸した手間や労力惜しんで一生、後悔するような事が無い様に

日頃から愛しい我が子を大切に守ってあげましょう。

SNSフォローボタン

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする