モラルを問われる教育現場で少2の生徒を教室監禁状態に・・

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

京都市西京区の市立小学校で昨年11月、

女性常勤講師(51)が、担任していた当時2年の女児(8)を

教室から出さないようにするため、

同級の児童に机や椅子をバリケードのように並べさせ、

出入り口を封鎖していたことが4日、分かった。


学校などによると、11月上旬の授業中、

女児が「帰りたい」と言い、教室から出たがった。

講師は女児の体を抱えて静止しながら、

クラスの児童に机を動かすよう指示。

複数の児童が机や椅子を教室の前後の

出入り口に並べて封鎖し、後方のドアは施錠した。

担任は校長に対し「帰らせたくなかった」と説明したという。

別の日には、帰ろうとした児童の上履きを、

3・4時間目の授業中に預かり、靴下で過ごさせたという。

女児は、別のクラスの男児から悪口を言われるなどの

いじめを受けたことも重なり、2月中旬から不登校になっている。

校長は「行き過ぎた指導で申し訳ない。

今後は、児童が学校に復帰しやすい環境をつくりたい」と話している。

<!– admax –>
<script src=”//adm.shinobi.jp/s/1524fe756528fdccd684b7677b2723b0″></script>
<!– admax –>

>>>>>>>>>>>><<<<<<<<<<<<<

教育現場モラルいじめによる登校拒否など問題が多すぎますね。

教師のモラルが子供の将来に問題を提起しているのではないでしょうか?

幼い子供たちに協力させバリケードを築き教室を封鎖するとは

協力した子どもたちも封鎖された子供も心に傷をおい

いじめの助長などにつながり登校拒否の心配もあります。

確かに教師としては授業を受けさせることは大切なことでしょう

またこれも愛情なのかもしれません

しかし押し付けられた愛情が伝わるでしょうか?

教育者として子供たちの将来をを見据えた教育を

心がけるのも大切なことではないでしょうか。

<!– admax –>
<script src=”//adm.shinobi.jp/s/1524fe756528fdccd684b7677b2723b0″></script>
<!– admax –>

>>>>>>>>>>>><<<<<<<<<<<<

関連時事1

いじめで心的ストレス、入院 滋賀・高島の小6女子

滋賀県高島市教育委員会は1日、市立小学校の6年女子児童が、

同級生から掃除の際に水をかけられたり、

悪口を言われるなどのいじめ被害を受けた、

と発表した。

女子児童は心的ストレスが原因とみられる腹痛で

9月29日から入院しているという。

市教委と学校によると、被害を受けた児童は9月初め、

同級生の女子児童1人からトイレの掃除中

2回にわたって床の水を足元にかけられた。

また水をかけた児童を含む3人が、身体測定の際や教室で

「(被害女児と)しゃべりたくない」

などと聞こえる声で言ったという。

同月5日に被害女児の保護者から学校に連絡があった。

学校は関係する児童らから聞き取りをした結果、

いじめと判断し、市教委に報告した。

市教委は学校に対し、当事者の関係回復に向けた

助言や指導を実施。

学校も同じクラスの他の児童らから聞き取り調査

などを行ったという。

学校長は「関係する児童たちの話が食い違っている部分もあるが、

心のケアをしながら謝罪の場をつくり、関係修復に努めたい。

このような事が二度とないよう、子どもたちを職員全員で

しっかり見守りたい」と話している。

>>>>>>>>>>>>><<<<<<<<<<<<

<!– admax –>
<script src=”//adm.shinobi.jp/s/1524fe756528fdccd684b7677b2723b0″></script>
<!– admax –>

SNSフォローボタン

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする