離岸流・4人の命奪う?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

離岸流・4人の命奪う?

毎年多発する水難事故。

山や川も怖いですが海も怖いです。

特に離岸流は突然発生する流れで有り

川のように何時もそこに有り目に見える物でも

無いだけに油断すると今回のような事故が

起きます。

記事は下記の様に報告しています。

福岡県古賀市の海岸で4人がおぼれた

水難事故で、4人全員の死亡が12日、

確認された。

行方不明だった父子2人がこの日朝、

海岸と沖合でそれぞれ見つかった。

4人はいずれも水死と判明。海岸から沖合へ

海水が強く流れる「離岸流」に巻き込まれた

可能性があると県警はみている。

粕屋署によると、新たに見つかったのは

福岡県宇美町の会社員小野克弘さん(36)と

長男で小学生の健(たける)君(7)。

11日午後1時50分ごろ、健君と、

小野さんの内縁の妻の子で次男の

森尾陵ちゃん(5)がおぼれ、

助けに向かった小野さんと

会社員寺田一也さん(49)

福岡市東区も波にのまれた。

陵ちゃんと寺田さんは間もなく見つかり、

死亡が確認された。

目撃者の話では、健君と陵ちゃんは、沖合への

強い流れが生じた直後に姿が見えなくなった。

現場の海岸は離岸流が発生して危険なため、

古賀市は遊泳禁止にしているが、消防によると

水遊びに訪れる人や釣り客が多く、

水難事故が多発しているという。

救助に向かい、命を落とした寺田さん。

知人たちがその死を惜しんだ。

よく通っていた居酒屋で働く舟越ふみさんは

「人当たりが良く、みんな『寺田パパ』と

呼んで慕っていた」。

子どもが同い年で、餅つきや海水浴を

一緒にする仲。

事故後、「あのパパなら、おぼれる子がいたら

助けに行くだろうね」と友人らと話したという。

寺田さんはこの日、海岸へ貝掘りに訪れていた。

「『妹に貝を食べさせてやる』と

張り切っていたのに……」と残念がった。

大手運送会社に勤務する傍ら、

地域の女性バレーボールチームの

監督も務めていた。

指導を受けていた山田由紀さん(45)は

「熱くて思いやりのある方。

残念でしょうがないです」。

前町内会長の舟越保さん(71)は、

チームが地域大会で優勝した昨年の打ち上げで、

手作りのサンマずしを振る舞う姿が印象に

残っている。

「面倒見がいい人で、地域の活性化に

貢献してくれた」としのんだ。

何時も思うのですが離岸流発生が多発する

海岸でこの様な事故が起きるのでしょう。

私も何度か行ったことのある海岸ですが

よく考えてみると遊泳禁止の看板が記憶に無い

何処か目につく所に有るのだろうがよほど

注意しないと見落とす可能性が有る。

海水浴場以外で楽しむためには事前に市町村

役場などに問い合わせ、Netなどでの検索が

必要でしょう。

SNSフォローボタン

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする