殺人マダニ・ヒアリよりこえ〜〜

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

マダニに噛まれSFTSを発症し重症化した

飼い猫に噛まれ本人もSFTSを発症

死亡したと下記の報告があり

テレビや SNSなどでも取り上げられてる。

マダニは夏場が発症例のピークです。

犬猫を飼ってる方はペットのためにも

あなたのためにも一度ペットの体をよく調べて

下さい。

ただしマダニを見つけた場合は

ご自分で処理しないで下さい。

かんせんする危険が有ります。

記事では下記の様に報告されています

厚生労働省内での感染症の“勉強会突如発表

昨年夏、女性が弱った野良猫を動物病院に

連れて行こうとした際に手をかまれSFTSを

発症、約10日後に死亡したという。

女性がマダニにかまれた痕はなかった。

感染研は、最初に猫がマダニにかまれて

ウイルスに感染し、女性にうつしたとみている。

今年に入って、ペットの猫や犬の発症も

1例ずつ確認されていた。

こちらも初めてのケースだ。

厚労省の担当者は「新しい『人獣共通感染症』と

して否定できず、警戒が必要だ」と話す。

SFTS感染症とは?

は2011年に中国の研究者らによって

発表されたブニヤウイルス科

フレボウイルス属に分類される

新しいウイルスによるダニ媒介性

感染症である。

2013年1月に国内で海外渡航歴の

ない方がSFTSに罹患していたことが

初めて報告され、それ以降他にも

SFTS患者が確認されるように

なった。

SFTSウイルス(SFTSV)に感染

すると6日~2週間の潜伏期を経て、

発熱、消化器症状(食欲低下、

嘔気、嘔吐、下痢、腹痛)が多くの

症例で認められ、その他頭痛、

筋肉痛、意識障害や失語などの

神経症状、リンパ節腫脹、

皮下出血や下血などの出血症状

などを起こす。

検査所見上は白血球減少、血小 板

減少、AST・ALT・LDHの

血清逸脱酵素の上昇が多くの

症例で認められ、血清フェリチンの

上昇や骨髄での血球貪食像も認められる

ことがある。

致死率は6.3~30%と報告されて

いる。

感染経路はマダニを介したもの

SFTSが中心だが、血液等の

患者体液との接触により人から

人への感染も報告されている。

治療は対症的な方法しかなく、

有効な薬剤やワクチンはない。

日本の致死率21%まさに殺人マダニ

現在、石川県から西に集中しており、

東日本での報告が有りませんが

東日本に患者がいないというわけではない。

実際には診断に至っていないのかもしれない。

東日本での認知度が低く、今後患者が

出てくる可能性がある」といいます。

野良猫にかまれて死亡したニュースが

流れると、ネットでは「野良猫こえー(怖い)」

「ヒアリよりよっぽどやばい」

などの声が聞かれます。

しかしマダニだけでは有りません。

ツツガムシと言うダニが存在ご

存知ですか?

ツツガムシに噛まれるとツツガムシ病を

発症することが有ります。

ツツガムシ病は10日~二週間ほどの

潜伏期間の後に悪寒を伴う39℃

以上の高熱、頭や全身の倦怠感が

あります。

そして刺された跡を中心に発疹が

出るほか、

刺された後の近くのリンパ節、

または全身のリンパ節が

腫れるなどの症状があります。

稀ですが、重症になると亡くなる

例もある播種性血管内凝固症候群を

発症することがあります。

小さくて見つけにくく痛感の無い

ダニは日頃からペットなど注意して

見ることが必要ですしご自分も

山や川辺の藪などに行ったときは

帰ってからよく観察、

見えない頭などは触ってみて

イボのような膨らみが有れば

出来れば家族の方に見ていただく

ようにしてください。

SNSフォローボタン

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする