抜け毛の秋

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

夏の終わりに近づくと心配なのが秋の

抜け毛

そんな貴方原因はご存知ですよね?

なぜ秋なのでしょうか?

春には元気だったあなた夏の終わりを

迎える今、げんなりしてませんか?

そう夏バテです。

髪も夏バテなんです。

夏は副交感神経が優位に立っていますが、

冬に向けて交感神経が優位に働くように

切り替わっていきます。

秋はホルモンバランスが変化しやすい

時期です。

「特に、春から夏にかけて強い紫外線を

浴びるので、そのダメージを受けた頭皮や

髪は、秋以降にトラブルを起こす可能性が

少なくない。

さらに、夏の間の大量の汗や皮脂、

クーラーによる乾燥なども、頭皮へ

ダメージを与えます」

夏の紫外線は冬の3倍と言われています。

特に髪は直接紫外線を浴びてしまいます

ので、最も影響を受けやすい場所です。

紫外線対策はしっかりしておくべきです。

髪の内部はほぼタンパク質で成り立って

いますが、紫外線を浴びることで、

タンパク質のアミノ酸システィンの

結合が分解されてしまい、歪みが生じます。

その結果、髪の内部が乾燥したり、

枝毛などができてしてしまうのです。

だからせっせと育毛剤や養毛剤を使って

いるというあなた、それは間違った

対策です。

さまざまな要因で傷んだ頭皮は、荒れた

畑と同じ。畑が荒れていると栄養分の

吸収が悪く、野菜などがうまく育たない。

土地を耕し、肥やすことから始めなくては

ならない。

髪を成長させて育む部位は、頭皮の中の真皮に

ある毛母の部分。

頭皮に炎症などなんらかのトラブルが

存在すれば、当然、毛母細胞にも悪影響が

及ぶでしょう。

結果、髪の成長にも悪影響を及ぼします

皮脂や汚れで毛穴が詰まる夏に汗を

大量にかいてしまってその汗をきちんと

処理せずそのままにしていてしまって

いるとその汗についていたホコリや

汚れなどが毛穴についてしまっています。

そして夏は暑いので入浴ではなく

シャワーで済ませてしまうことが多く

特に寝起きの朝にシャワーを浴びたり

一日に何回も汗をかいて髪の毛を

洗ったりしますが洗い過ぎは皮脂が

多く分泌されるようになってしまいますから

シャンプーは一日1回が限度

紫外線

日焼けは髪にも起こります。

紫外線の中で髪に悪い影響を与えるのは、

UV-B波にあたります。

これが髪の表面に影響を及ぼし、

メラニン色素を分解することで、

髪の色が変わることがあるのです。

また、活性酸素の影響で髪表面の

キューティクルにひびが生じることも

あります。

頭皮がむれる

頭皮は髪に覆われていますから、高温多湿の

環境ではむれやすくなっています。

汗が皮脂とまざって頭皮に残ると、

ニオイの原因になります。

毛穴に詰まれば抜け毛の原因にも

なります。

対策は毎日シャンプーをして、余分な

皮脂はしっかり落とすことです。

毎日シャンプーしても髪が傷まないように、

低刺激のアミノ酸系のシャンプー

オススメです。

海水

プールや海水に含まれる塩素や塩分は、

髪を軋ませる原因になります。

塩の結晶には、水分を奪う働きがあり、

髪から水分を奪ってしまうのです。

そのため、髪が乾燥し、きしむことが

あります。

体の冷え

女性には冷え性が多いと言われています。

手足足先は冷えを実感しやすいですが、

実は頭も冷えやすいという特徴が

あります。

冷房が効きすぎていたり、かき氷や

アイスなどの冷たいものを摂りすぎて

いたりすると、体が冷えてしまいます。

体の冷えは代謝を悪くし、体調の悪化は

もちろん、毛細血管の血液循環が悪く

なります。

頭皮の血行も悪くなってしまい、栄養分が

毛乳頭にしっかりと運ばれづらくなり

抜け毛などの原因となることがあるの

です。

また、新しく生えてくる髪の毛に影響を

及ぼしてしまう場合もあります。

今やるべきヘアケア

夏の紫外線による髪へのダメージを、できるだけ

緩和する対策をしておくことが有効です。

肌に日焼け止めを塗るように、髪にも

UVカット機能付きのスプレーや、

トリートメントをつけておいてあげ

ましょう。

ワンポイントとしては、はじめて使用する商品は

パッチテストを行うことをおススメします。

効果が高いものは成分が強い場合があるので、

自分に合っているかどうか事前に調べておくと

よいでしょう。

帽子をかぶる日傘をさすといった基本的な日焼け

対策も、もちろん効果的です。

UVカット加工が施されているアイテムを

使うと、さらに効果が高いでしょう。

可能ならば紫外線が多い時間帯は外出を

避けるという手法もあります。

午前10時~午後2時までの4時間が一番

紫外線が強いと言われています。

誤差はあるものの、1日の紫外線量の約半分を

浴びてしまうとされていますので、

外出をしなくても済むならば、避けるという方法を

行うことも効果的でしょう。

低刺激シャンプー

夏の髪や頭皮は、ダメージを受けて

弱りがちです。

刺激に強いシャンプーをさけて、

できるだけ刺激の少ないシャンプーを

活用し労わってあげましょう

洗い流さないトリートメント

洗髪のあとタオルドライをしてから、

ドライヤーの前に洗い流さない

トリートメントをつけることも

おススメできます。

夏の環境で弱っている髪を、ドライヤーの

熱から守ってくれます。

特にダメージがでやすい毛先に多めに

つけておいてあげるとさらに効果的です。

ドライヤーで乾かす

基本的に髪は乾かさないのはNGです。

濡れている状態の髪は、表面の

キューティクルが開いておりダメージを

受けやすいデリケートな状態になって

います。

また、頭皮が長く湿っているとにおいの

元となる雑菌が繁殖しやすいです。

できるだけ早めにドライヤーで乾かして、

キューティクルを閉じてあげましょう。

ドライヤーは頭から20cmくらい離して、

同じ場所にあたりすぎないように小刻みに

動かしながら使用することを推奨します。

乾かすときは根元から乾かしましょう。

また、完全に髪を乾かしてしまうと

オーバードライになってしまいますので、

9割くらい乾いたらOKとすることが

大切です。

毛先に少し湿り気があるくらいが目安と

なります。

育毛剤や養毛剤を使っている

というあなた、それは間違った対策だ。

さまざまな要因で傷んだ頭皮は、

荒れた畑と同じ。

畑が荒れていると栄養分の吸収が悪く、

野菜などがうまく育たないのは当たり前です。

土地を耕し、肥やすことから始めることが

必要です。

「髪を成長させて育む部位は、頭皮の中の

真皮にある毛母の部分。

頭皮に炎症などなんらかのトラブルが

存在すれば、当然、毛母細胞にも悪影響が

及ぶでしょう。

結果、髪の成長にも悪影響を及ぼします」

では、今何をすべきか?

当然のことながら、乱れた生活リズムを

整え、適度な運動を毎日続けること。

睡眠不足など不規則な生活は皮膚を

荒らすが、もちろん頭皮も皮膚同じ

事なのです。

心身共に健康であることの延長が髪の

健康になります。

『髪の毛が生える食べ物は?』とよく

聞かれますが、そういったものはありません。

髪のためにと思って特定の食品を取り

過ぎると、逆にバランスを崩します。

海藻類に関してもそうで、食べ過ぎると

ヨードの過剰摂取になり、甲状腺機能障害の

原因になります。

何を食べるか』より、腹八分目でバランスの

良い食生活を目指すべきです

つまり髪に良いからと偏った食事をしたり

日に何度もシャンプーしたりと

日頃、間違っていた事は改めましょうね。

SNSフォローボタン

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする