20代・30代の若年性更年期障害

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

こんな症状に注意して・・若年性更年期障害

「若年性更年期」とは、?

通常、年齢を重ねて発症する

更年期障害は、男性ならば男性ホルモンの低下、

女性ならば女性ホルモンの低下と

いった、加齢による性ホルモンの低下が

原因となり起こります。

また、年齢に準じた社会的責任の重圧に

よるストレス、介護などのストレス、

真面目で几帳面な性格なども要因の

一つであると言われています。

、若年性更年期障害の場合も同じ

ホルモンバランスの乱れが症状を引き

起こすと考えられています。

しかし、もちろんホルモンバランスの

乱れは加齢によるものばかりでは

ありません。

「45歳から55歳の間に起きると

『更年期障害』というんですが、

それよりも早い年齢で更年期障害が

出る人のことを『若年性更年期障害』と

いいます。

更年期障害と若年性更年期と原因

ストレス

仕事も多様化し、能力次第で責任の

重い仕事も任されるようになるので

若い人もストレスを溜め込みやすく

なってしまいます。

また、休日出勤で身体を休ませる

ことも疎かにして、毎日の残業で

食事時間も不規則になったり、

外食が増えてしまうことから

偏った食生活などの生活習慣が

原因になっているとも

考えらえます。

また、そのほかに過度なダイエット

が若年性更年期障害の原因になる

場合があります。

過度なダイエットが身体に及ぼす

影響は大きく、食事制限をしすぎて

栄養失調になり、その結果月経を

止めてしまうことがあるのです。

また、極端な食事制限は脳疲労を

起こす場合があります。

男性・女性ともに性ホルモンの分泌は

脳によってコントロールされている

ため、脳疲労も若年性更年期障害を

起こす要因になると考えらえます。

つまり、脳疲労を悪化させる

「睡眠不足」「過多な情報つめこみ」

なども、若年性更年期障害の一因と

なっていると言えるでしょう。

私って若年更年期障害?

更年期障害には必ず、月経の異常を

伴うという症状があります。

その症状があれば、

『SMI(簡略更年期指数)スコア』と

いうチェックリストで症状の状態を確認します。

50点から60点以上になると更年期症状が

出ているという診断をします。

簡略更年期指数(SMI)

症状 症状の程度(点)
1.顔がほてる 10 6 3 0
2.汗をかきやすい 10 6 3 0
3.腰や手足が冷えやすい 14 9 5 0
4.息切れ、動悸がする 12 8 4 0
5.寝つきが悪い、または眠りが浅い 14 9 5 0
6.怒りやすく、すぐイライラする 12 8 4 0
7.くよくよしたり、憂うつになることがある 7 5 3 0
8.頭痛、めまい、吐き気がよくある 7 5 3 0
9.疲れやすい 7 4 2 0
10.肩こり、腰痛、手足の痛みがある 7 5 3 0

【判定&解説 (自己採点の結果)】

0~25点 じょうずに更年期を過ごしていて今のところ問題ありませんが、

年1回の健康診断を受けましょう。

26~50点 バランスのよい食事、適度な運動を行い、無理のないライフスタイルを送り、

更年期障害の予防につとめましょう。

51~65点 産婦人科または更年期外来、閉経外来を受診し、薬などによる適切な治療、

生活指導、カウンセリングを受けましょう。

66~80点 長期間(半年以上)の計画的な治療が必要でしょう。
81~100点 各科の精密検査を受けましょう。更年期障害のみであった場合は、

産婦人科または更年期外来、閉経外来などで長期の計画的な治療が必要でしょう。

更年期障害を起こす年齢に達していない

ことから、なかなか理解されにくいことも

多いかもしれません。

しかし、発症してしまったからには、

更年期障害と同じ症状に苦しむことに

なるので、我慢は禁物です。

「私はしんどいのよ!」

俺だってしんどいんだ!」

と気持ちを内にためこまず、時には声を

大にして発散することも大切です。

そして、悩んだら、まずは病院に

相談してみること。

苦しみを理解されることも症状緩和に

役立つので、精神的にだいぶ楽に

なれるはずですよ!

関連URL紹介

【男女別】若年性更年期障害の症状

これって若年性更年期障害?

若年性更年期障害だった!?