核ミサイル飛来・爆発・放射能汚染どうしたら良いの?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

核ミサイル飛来・爆発・放射能汚染
核ミサイル飛来・爆発・放射能汚染そんなこと
あり得ないと思ってませんかしかし
此れは小説、漫画の世界では有りません。
現実味をおびてきた日本のはなしです。
今日、北朝鮮では金日成の生誕祝賀行事で
北朝鮮は軍事パレード、
米国は原子力空母カールビンソンが到着
日本護衛艦も合流と慌ただしくなってきました
こんな中、北朝鮮独裁者金正恩の狂気が
戦争の引き金に手をかけないことを
祈るのみですが祈るだけでは解決しません。
有事の際、知っておくべき事を調べてみました。


北朝鮮がミサイル発射して
Jアラートもし鳴ったらどうすれば?

サイレンの音は非常に不気味
内閣官房によると、Jアラートとは、
弾道ミサイル発射の緊急情報を
人工衛星と地上回線の両方を使って、
瞬時に伝達するシステムのことだそうです。
たとえば、弾道ミサイルなどの
攻撃に関する情報は
1】内閣官房から
2】消防庁のシステムを通して
3】市区町村に提供され
4】各地の防災行政無線(屋外スピーカー)が
  自動的に立ち上がる。
消防庁は大手携帯キャリア3社と
提携しており、その地域の住民に
1】エリアメールやドコモ「緊急速報メール」
(au、ソフトバンク)が届くことになっている。
本当にアラームやメールが届くの?
北朝鮮からミサイルが発射されて、
日本の領土・領海に飛来する
可能性がある場合、内閣官房は、
Jアラートを活用するという。

手順は以下の通りです。
(1)『発射情報』を
   発信します。
   その後、ミサイルが通過しただけの場合は
 2)『通過情報』を発信します。
   万が一、領土・領海に落ちてくる可能性がある場合は
(3)『屋内避難の呼びかけ』をおこなう

   内閣府は、
(1)「発射情報」の段階では、テレビやラジオつけて、
   指示にしたがって避難することをすすめているが、
   領土・領海に落ちてくる場合は
(3)屋内避難を呼びかけるということだ。
   なぜ「屋内」なのだろうか。
   爆風だったり、
   いろいろなモノが飛んでくるおそれがある
   ベストなのは『地下』しかし近くにあるとはかぎらない。
   だから、できるだけ堅牢な建物内に逃げる。


具体的にどうしたら良いのか?
地表を逃げてはいけない。
地下街があれば、地下街
地下室、そうでなければコンクリートの
建物の奥に入る。

そして中にいることによって外では
放射線は強いが、地下では弱い。
地下室の奥で外の1/10000
コンクリートの頑丈な建物の1階で外の1/10、
2階で外の1/100に弱まっています。
マンホールは核の威力にもよりますが
確かに一時的な被爆を防げる可能性はありますね。
しかしマンホールの中=下水道と
いうのはちょっとまずいです。
いわゆる「核の雨」が大量に流れてきたら
二次的な被爆に遭う可能性があります。”

まず、核災害で最も大きな被害をもたらすのは
爆発時の“閃光”と“衝撃波”です。
広島でもこの2つが20万人を超す
死傷者を出したのですから、
核災害から生き残るにはこの2つの
初期被害をいかに回避するかがポイントです。

爆発の閃光(せんこう)を感じたら、
(1)すぐに溝等の隠蔽物を利用
(2) 核爆発の反対方向にうつ伏せになり
(3)両手で目・耳を防ぎ口は開く
(4)お腹を床につけてはいけない”

また窓を閉め水で洗うのは何故でしょう?
放射性降下物は、核爆発で発生した放射性物質を
含むの塵のことです。
爆発で生じた物質がいったん上空に
舞い上がった後、地上に降下することから
フォールアウトと名づけられた。
爆発地点から遠く離れた所に落下するものを
放射性降下物といい、
爆発地点に落ちてきたものを戻り降下物といいます。
外から内部に入る際は放射性降下物落とすために
水による洗浄が必要になるわけです。



防空壕の再確認
70歳以下の方は戦後生まれですからサイレンの
音を聞くことは少なかったでしょうね。
あの空襲を知らせるサイレンの音は当時4際の
私は怖かった、
幼かった私は町が燃え夜空を赤く染める風景
囂々とと通りすぎて行く飛行機の光景は
美しく興味の有る出来事だったのでしょう
母に何度も防空壕の中に連れ戻された記憶があります。
今も当時の防空壕は残ってるのでは無いでしょうか?
もし残っていれば利用しない手は無いですね。
防空壕はただまっすぐに掘ってるわけでは無く
普通、爆風を避けるため曲がってます。
放射能を完全に防げるわけでは有りませんが
避難場所としては条件を満たしてると思われます。
勿論、手入れをして食料や飲み水の蓄えも
逃げ込む練習も出来れば言うこと有りませんが
場所の確認をしておくことが一番でしょう。
とにかく現実にならないことを願いますが
日本を挟んで核保有国がにらみ合ってる事を
忘れないで下さい。



SNSフォローボタン

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする