北朝鮮 今日、早朝ミサイル発射も失敗

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

北朝鮮、ミサイル発射失敗
ニュースが飛び込んできました
15日にを軍事パレードのニュース
今日はおミサイル発射失敗のニュース
日本では森友学園に注目が集まってる中
米朝の間には深刻な危機が迫ってます。
北朝鮮の暴走に米韓がどう対応するのか?
勿論日本も原子力空母カールビンソンに
護衛艦数隻が合流合同演習に参加は
してますし部外者で傍観することなど
出来ませんが中ロなど周辺国も動きが
活発になってきました。
中国政府は以前から、北朝鮮の体制が
崩壊すれば難民の波が中国国境に
押し寄せる可能性とともに、
米軍が目と鼻の先に駐留する
可能性があることなどから
北朝鮮に対する劇的な行動に
反対していましたが
ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相と
電話会談しロシアと緊密に連携していく
用意がある朝鮮半島における戦争と
混乱を回避することは共通の利益と
一致する」と伝えた様ですが
ロシアの反応が待たれます。
とにかく今回の失敗した
ミサイル発射が米国の威信をかけた
威圧にどう影響するのか心配です
核実験、ICBM発射実験では無かった
事がいきなり戦争に繋がらないのではと
胸なで下ろしてます。


妄想に終わってほしい
4月26日未明の平壌。
小雨の空模様に加え、この日は新月。
辺りは墨を流したような闇が広がるだけだ。
前夜から、米韓空軍は平壌を
大規模空爆。防空レーダーと防衛隊に
壊滅的な打撃を与えていた。
この闇と噴煙の中を縫うように
数台のヘリコプターが進んでいく。
いくつかは地上部隊をおろし、
平壌の制圧に走らせるが、
いくつかは意思を持ったように
別の“標的”に急進していくのだ。
ブラックホーク。
幾多の戦場で活躍した米軍の
ヘリは“目標”の建物の前に降りると、
次々と隊員たちを吐き出した。
米海軍の特殊部隊・シールズ。
韓国の「北派工作員」。
先導するのは軍用犬だ。
「精鋭部隊」は建物を取り囲むと、
意を決したように四方八方から
侵入を開始。
数十分後、漆黒の闇に銃声、
続けて歓声が響いた。
「彼をやったぞ!」――。


こんな記事を見つけ偶発的な事故で
火ぶたが切られる恐れは無いだろうか?
また金正恩の恐怖が頂点に達し
ミサイル発射ボタンを押す可能性は?
ただ北朝鮮の発表してる核の小型化
ミサイル情報は正しいのか?
朝鮮軍の兵力160万人は本当か?
など疑問も多い。


SNSフォローボタン

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする