朝鮮半島緊迫・戦闘機飛来にソウル大混乱

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

朝鮮半島緊迫・戦闘機飛来にソウル大混乱

日本が北朝鮮を煽ってると
人ごとの様に緊張感が無かった
韓国も内心ビビッていた様で
航空ショウーに大騒ぎです。
記事
25日午前10時半ごろ、
ソウル・江南(カンナム)地区上空を
9機の戦闘機が飛行した。
韓国メディアによると、
耳をつんざくような轟音にマンションを
飛び出す住民や高校の授業を一時中断する
教員もいた。
区庁や警察には問い合わせが殺到。
ネットには「北朝鮮が武力挑発を
仕掛けてきたようだ」「
核戦争が起きたのではないか」
との書き込みが相次いだ。
日米韓は、北朝鮮が朝鮮人民軍創建85年の
25日に軍事的挑発を仕掛ける可能性を警戒。
トランプ米政権は、空母を朝鮮半島周辺に
向かわせるなど、対北圧力を強め、
ネットには「4月危機説」が拡散していた。
結局、韓国空軍の特殊飛行隊
「ブラックイーグルス」による
航空ショーの予行演習にすぎなかった。
だが、ソウル市民の有事に備える
意識が希薄化したとされるいま、
容易にパニックが起きる危険性も示した。
メデアや政府が対面を繕っても
民衆が怖いのは当然です。
航空ショーの事前通告の徹底など
大統領不在とは言え今少し国民感情
考えた対応が求められます




中国は米軍の
最新鋭迎撃システム
「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の
韓国配備が始まったことで騒いでいます。

朴槿恵前大統領に配備しないよう求め
米中首脳会談でもトランプ米大統領に
反対の意向を直接伝えたが今回の
高高度防衛ミサイル(THAAD)」の
韓国配備が始まったことで、
中国の習近平政権は新たな対応を
迫られることになった。
親中派、文在寅氏に望みを託すことになるが
その文氏さえ最近は配備容認の
発言をしている。

記事では・・・
「THAAD反対は口だけではないと
しており、配備を前提に
軍事的対応をとる可能性が高い。
 中国人民解放軍の元将軍が3月、
THAADのレーダーを無力化する
妨害装置の導入を主張し注目されたほか、
中国メディアなどは最近、
THAADに対抗できる
ミサイル部隊が新設されるとも
報じているが
韓国大統領候補の掌返しに翻弄されて
右往左往してるように見える。
いずれにしても中国のガソリン輸出中止の
効果が早くも現れているようですが
この効果が北朝鮮の弱体につながり
核開発廃棄交渉のテーブルにつけるかと
期待は膨らみますが予測がつかない
トランプ氏と金正恩が
鍵を握ってることは間違いない。


SNSフォローボタン

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする