「私たちの子供が亡くなった」

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

「いっそ、夫に産んでほしい」
「私たちの子供が亡くなった」

この記事にショックでした。
中を読んで男の私にも
理解は出来ますが 感情面で
共有することの難しさを感じます。
頭で理解したことを実行することは
出来ると思いますが
私たちの子供が亡くなったと
実感するのは難しい気がします。
実は私も結婚を前提に
付き合っていた女性に
話しておくことが有ると
切り出され
聞かなくても良いと
返事をしてしまいそこで
終わった経験が有ります。
同じ会社でしたので彼女が
子供が出来ないかもしれないと
言うことは知っていたのです。
でもここで知った女性の
子供に対する感情が
分かってなかった。
女性にとって不妊がこれほど
苦しめると知りあの時どうして
優しく聞いてやれなかったのか
後悔しました。



いっそ、夫に産んでほしい」
仕事から帰宅した夫に、
「今日、排卵日」と告げる
夫は言う。「いいよ」。
「なんで私がお願いしたことになってるの?」と
言いたくなる気持ちを押し殺す。
そして生理が来るたびに、妻は、
絶望を味わう。
「できなかった」のではない。
おっぱいをたくさん飲んでくれて、
ハイハイして、あんよして、
「ママ」と呼んでくれて、
ランドセルを背負って
桜の木の下で写真を撮って……
そうやって一緒に人生を
歩むはずだった子供を、
毎回、「失う」のだ。
絞り出すように夫にだけ報告する。
「(生理が)来ちゃった……」
ほとんど「私たちの子供が亡くなった」
という意味だが、落ち込む妻に、夫は悪気なく言う。
「また次、頑張ればいいじゃないか」
妻は心の中でつぶやく。
「そういう問題じゃない」
こんな
生活をもう5年以上続けている。
単純に計算すれば、約60回の絶望を
味わったことになる。
しかし夫にとっては
「まだ希望を捨てない」
状態が継続しているだけ。
同じ風景を見ていても、
受け取る意味合いがまるで違う。
「生理が来てしまったとき、
妊活中の女性は、わが子を失った
母親とまったく同じ
『喪失感』を味わいますが、
男性にはそれがなかなかわからない」



男性にも責任が有ることです。
不妊の原因は五分五分だそうです。
結婚して1年も子供が出来なければ
負担の軽い男性が先ず検査を受ける
此れも出来るだけ若い内が良いと言います
無精子症の場合でも一個の元気な精子を
見つける確率が高いと言います。
また女性の検査は肉体的民もストレスも
男性の比では無いようです。
男性に異常が無ければ仕方有りませんが
男性に問題がある場合は負担をかけなくて
済みますし解決法(顕微授精)など
たった一つ元気な精子が見つかれば
可能性があります。
婚活は二人で力を合わせ頑張るしか 
有りませんが
女性と感情は共有出来なくとも
理解和出来るはずです。
一人でも多く不妊の悩みが
少なくなるとを望みたいです。

SNSフォローボタン

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする