太陽光パネルに取り囲まれた・・

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

2011年福島眼発の崩壊で原発廃止論が浮上
太陽光発電が,注目されますがパネル設置に
特別な許可を必要としないため
近隣住民とのトラブルが発生しています。
兵庫県多可町では太陽光パネル建設に関する
住民説明会で図面を見て吃驚、2方向を
パネルがビッシリ隣家に至ってはパネルの中に
孤立状態。



姫路では自宅の隣にパネルを設置された男性
「パネルの反射で熱中症になった」と
訴訟を起こしているが
太陽光発電は平成24年、発電した電気を
一定料金で電力会社が買い取る
「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」の
導入を機に拡大した。
広い土地や日当たりのいい傾斜地がある郊外、
山間部に大型太陽光パネルが次々に設置され、
投資目的の参入も相次ぎパネルなどの
発電設備は、建築基準法や都市計画法の
対象外のため、土地さえ取得すれば設置に特別な
許可は不要という。
そのため業者が周辺住民の意向を無視して工事を
強行しようとするケースも有る。
自治体などは、設置を規制する条例を整備するなど
対応に追われる事態に憂慮してるようですが



多可町では業者側はすでに発電事業を行う会社や
個人へ土地の転売も済ませ特別な開発許可は
必要なく、本来なら断りなしに設置できるが、
善意で事前に説明していると主張しています。
町建設課には、一帯は別荘地として開発さ
宅地だが、太陽光パネルは建物ではないため
規制する法令がなく、設置は自由」という。
説明に納得できなかった住民は発電事業を行会社などを交えて説明会を」再度開くよう業者に要望した。
だが事前に事業計画の届け出を義務付け、違反した場合は罰金を科す。
など今年7月条例が施行される様ですが
これから先まだまだ摩擦が起きることが予想されます。
太陽光発電また環境汚染を考えるとき風力発電
バイオ発電、など此れから起きるであろう住民摩擦に
配慮した条例の取り組みを整備して欲しいですね。


SNSフォローボタン

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする