小惑星・地球に衝突・人類滅亡?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

Earth atmosphere.


画像は「Thinkstock」より引用
小惑星が6月23日午前2時地球に衝突?
10月にも衝突の可能性・本当?
GWも今回が最後か最後だ楽しむぞ〜
避けること出来ないしなお金なんて
残してもしょうが無い
使っちまえ。
なんて自棄にならないでNASAの
正式発表じゃ無いんだから。
英タブロイド紙によると驚愕の
小惑星衝突情報をリークしたのは、
YouTubeチャンネル「End of The
World Apocalypes News & Updates」。

4月22日に投稿された動画によると、
現地時間6月23日午前2時、
プエルトリコ沿岸に巨大小惑星
「3BC2017」が落下するというのだ。
この情報をNASAの公式ウェブサイト上で
確認したとのことだが、地球との
衝突軌道にあることは公表して
いないというが懐疑論者からはフェイク
「宗教団体が信者獲得を目的とした
PR」との声もあがっている。
ま、そうでしょうねNASが
正式に発表したとしても
世間は騒がしくなるでしょうが
避けられない災害に個人は最後まで
認めようとはしないのでは?
英タブロイド紙もNASA公式ウェ
ブサイトを調べたようですが
見つからなかったようです。
また通常、小惑星の名称は
「2015 BN509」のように、西暦・
アルファベット・数字の順で
名付けられるため、「3BC2017」と
いう小惑星は存在しない可能性が
極めて高いとのこと。

画像は「Thinkstock」より引用
だが記事によると今年10月に地球に衝突するといわれている「2012 TC4」は別である。
「PHYS.org」(2015年4月13日付)の記事によると、これは名称も正式なもので、NASAにもしっかりと
登録されている。
すでに2012年に地球近傍を通過しているが、
今年10月12日に再び地球に最接近するという。
研究者らによると、「2012 TC4」の
軌道計算は困難を極めるため、地球に
直撃する可能性も“ある”とのことだ。
2012 TC4「PHYS.org」より引用



これまでトカナで何度もお伝えしてきたが、
地球近傍天体の存在は人類にとって大きな
脅威である。
現在NASAが、地球に衝突する可能性がある
小惑星のリストを作成しているが、
小惑星のうち実に80%の現在地と
軌道を確定できずにいるという。
今回の「2012 TC4」は事前に発見されているだけ
マシなものの、軌道の算出には長期間の観測が
不可欠であり、たとえ算出できたとしても
100%確実とは言えない。
直径数十メートルほどの隕石とはいえ、
稼働中の原発などに直撃した場合、
その被害は想像を絶するものとなるだろう。
さらには、的中率100%の「ホピ族の予言」や
「ダニエル書の予言」では、2017年に
人類が滅亡すると予言されている。
今回の小惑星衝突が人類滅亡の引き金となるかは
まだ分からないが、その危険があることだけは
忘れないでおきたい。



この様な警告を見ると心配にはなりますが
なんだか人ごとみたいにしか受け取れませんね。
想像を超えた災害に個人では何も出来ないし
此れまでの人類の長い歴史を見ても
今すぐ起こるとは実感できないのが現実
SFの世界か漫画の出来事だろうと
受け止めるのは私だけかな?
現実に起これば逃げることも守ることも
出来ません漫画の世だったら原爆打ち込んで
軌道を外すところですが現段階で出来るの?
難しいでしょうね。


SNSフォローボタン

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする