ハワイ、ホノルル空港が何故イノウエ空港に?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする


イノウエ空港?
ハワイ、ホノルル空港が何故イノウエ空港に?
ダニエル・イノウエ氏とは?
実は第二次大戦で差別を受けた日系人が
立ち上がり志願して出来た第442連帯戦闘団
の最初の日系部隊、第100中隊の生き残りです。
代6師団代442連隊第100中隊ですがこの442連隊は
士官以外は1名の韓国人を除き全て日系2世の
部隊です。
では何故、全ての日系人が収容所に隔離されて
差別の中、日系2世は立ち上がったのでしょう。
また特に困難な戦場に送られ史上最悪な戦場で
最大の犠牲を出しながら戦ったのでしょう。
確かに日本人のお国のために命を犠牲にしても
国を守り家族を守る精神は知らず知らずのうちに
両親から教えを受けていたのでしょうが
其れにもまして収容場に居る日本人の
米国における差別解消が有った事でしょう



同じ敵国で有るドイツ・イタリア人は収容されていない
つまり白人は収容されず黄色人である日本人だけが
収容されたのです。
日系2世がアメリカ人であることを認めさせるためには
戦場で戦い認めさせるしかなかったのです。
しかしハワイと違い本土の日系アメリカ人たちは「
敵性外国人」の分類を受けて兵役資格を
取り消されていたので
マイク・マサオカらを中心とする
二世グループのJACLはソルトレイクシティーで大会
を開き。
二世の志願兵を募り日系人部隊をつくろうという
決議がなされ、陸軍省に建白書が提出された。
この進言は、実は2回目のものであった。
強制収容が現実のものとなる直前に、
アメリカ市民である二世までが収容されることを
否としてこの決死の案が提出されたのだが、
無情にも却下されていたのです。



その後兵役資格を得、422戦闘部隊に配属され
1944年9月に部隊はフランスへ移動し、第36師団に
編入された。10月にはフランス東部アルザス地方の
山岳地帯で戦闘を行いブリュエールを攻略に成功
現在も部隊の活躍を記念して通りに「第442連隊通り
名称がつけられ残っている。
また一番の激戦、失われた大隊と言われた
テキサス141連隊の救出では211名の救出に
216名が戦死、600婦負以上が手足を失う
犠牲を出しました。
この様な結果開戦時に居た2800名が1400名に
半減していたのです。

勝利の後442連隊が強制収容所の被収容者を含む
日系アメリカ人のみによって構成され、
ヨーロッパ戦線で大戦時のアメリカ陸軍部隊として
最高の殊勲を上げたことに対して、1946年に
トルーマン大統領は、
「諸君は敵のみならず偏見とも戦い勝利したが
イノウエ氏が所属する1300人程度であった
第100大隊は、900名以上もの死傷者を出して
第442連隊に編入。その後442は680名が戦死、
67名不明、9486名が戦傷。獲得した勲章の数は
兵士個々人のものを含めると優に3万個を越える
この様に死線を乗り越え日系初の連邦上院議員として
活躍されたイノウエ氏の名前が残るのは
日本人としては嬉しいことです。


SNSフォローボタン

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする