梅雨・カビ・ヘアースタイル

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする


梅雨時のいやな臭い何とかならないの?

嫌な臭いの元は何?
原因は生ごみなどに発生する微生物です。
微生物が生ゴミの野菜くずなどを分解するときに出す
ガスが臭いの元になります。
台所は乾燥するまで使わないと言うわけにも行きません
しかし梅雨の時期、湿度が高くゴミ袋の中は
豊富な栄養となる食材も有り微生物にとって
最適の環境です。
微生物の発生を完全にとどめることはできませんが、
ある程度微生物の働きを抑えてニオイの発生を
防ぐことはできます。
湿気を取るには出来るだけ水分を出来るだけ切って
ゴミ箱に捨てる又水分を吸収する新聞紙などに
包んでんで捨てるなどアイデアを考えることで
ある程度効果があります。
消臭効果としてはコーヒーやお茶のは滓などの消臭効果が
有りますので臭いの気になるところに置くと
良いのですがよく水分を切って使用しないと
が役にカビの発生に繋がりますので注意が必要です。
一度天日に干して使用すると良いでしょうね。


梅雨時期はヘアースタイルが決まらない?
梅雨時に髪がまとまりにくくなるのは
やはり湿気が原因
原因は湿気を吸って髪が膨張するのが
原因です。
つまり髪の毛の水分量が多くなるために
髪の毛が膨張し結果として髪全体が広がって
しまうのです。
では何故、髪が水分を吸収するの?
キューティクルが防いでいるのですが
はがれ落ちたり傷んでいるとそこから
湿気が侵入します。
つまりキューティクルが本来の働きを
すれば良いのですがしかし髪の毛は
頻繁に風雨や強い日差しにさらされ
梅雨入り前は冬から春にかけての
季節の変化で髪が疲れ切っている
時期です。
そのため梅雨が始まる頃の髪の
コンディションは望ましいとはとても
言えない状態なのです。
梅雨入り前に髪の補修効果のある
シャンプーやコンディショナーを使用し
適切なヘアケアをすることが大切です。



梅雨時のカビも部屋に湿気が溜まることで
建物全体に深黒な影響を与えます。

部屋に湿気をためないで乾燥するには
如何したら良い。
窓を開けて風通しを良くすれ出来れば
良いのですが梅雨の時期窓を開けると
雨が吹き込み逆に湿度が高くなります。
と言って電化製品を使って部屋を乾燥させる
方法もありますが、一日中使用すれば
光熱費が高く付きます。
除湿材を使用するのも効果的ですが多くの
場合こうした除湿材はクローゼットや
押入れなどの狭いスペース用
として作られています。
広いスペースの除湿には不向きでしょう。
自然の力を利用した除湿材は何か無いのか。
アイデア次第ですがたとえばどの家庭にも
ある身近なものを利用することができます。
 新聞紙です。
 新聞紙は吸湿性に優れちょっとした隙間や広い
スペースにも自由に用いることができます。
 濡れた靴の中に新聞紙を丸めてつめると靴が
早く乾くのと同じ原理です。
たとえば昔から畳の下に敷き詰めるのはご
存じですね。
 又部屋に新聞の束を置いておくだけでも
効果的ですが、引き出しや洋服ダンスの
中にも何枚か敷いておけば衣服を湿気から
守ることにも一役買ってくれます。
この様に昔からの知恵そしてあなたの
アイデアで快適に梅雨場を乗り切りましょう。


SNSフォローボタン

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする