梅雨のだるいは食べ物で改善できる?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする


梅の雨と書いて梅雨。
梅雨は梅の実がなるころに降るので
「梅雨」と命名されたと言うのかな?
梅子黄(うめのみきばむ)が6月の暦。
梅雨は雨だけではなく食べる
楽しみを作る季節なのです。

梅雨前線の停滞や湿度が体調を不安定に
する季節を乗り切るためにはやはり
食べるコトがポイント。
梅雨明け後にやってくる高温多湿の夏を
過ごすためにも食べ物は重要です。
食べ物でだるい梅雨は変えられる?


梅雨のだるいは食べ物で改善できる?
ただ食べればイイわけでは有りませんが
梅雨でだるい時の食べ物。
目まぐるしく変わる天気による、体調不良が
目立ちます。
また気温差についていけない、此れは
自律神経のバランスが関係しています。
高い湿度は汗の発汗を邪魔します。
体内に溜るよけいな水分が疲れを
よびます。
この後くる夏も元気にすごせる食べ物で
美味しく梅雨対策をしていきましょう。
そのためには利尿作用を利用しましょう!
高温多湿の日本の夏。
湿気の多い空気はそれだけで身体が疲れます。
そんな時食べたいものは、体内の水分の
排出を促す食べ物。
きゅうり・すいか・トマト
大豆・小豆・そら豆
瓜系の食べ物やトマトは身体を冷やすと
心配な方は、調理方法で変えるコトが可能。
きゅうりは炒めものに、トマトはスープや
ソースで美味しさもUPできます。
水分の取り方にも気配りを♪
口当たりの良さから、冷えた飲み物を
選びがちな季節ですね。
冷たい飲み物は新陳代謝にも影響が。
冷えた身体は代謝が落ちるので、水分の
排出が上手くいきません。
老廃物を溜めない身体にするためには、
常温以上の温度で口にすることを
おススメします。



発汗作用で温めましょう!
雨が降ると気温が下がります。
気が付くと冷えている身体。
そんな時は発汗作用のある食べ物で身体を
温めます。
しょうが・ねぎ・香菜(パクチー)
シナモン・唐辛子・にんにく
は水分しょうがは冬だけではなく夏も
活躍できます。
パクチーが女子に人気の理由が良く
わかりますね。
ビタミンAやCも含んでいるので、肌にも
効果が期待できます。
唐辛子やにんにくは一度に大量摂取ではなく、
薬味や香りづけで摂ることで効果がUP。
消化器系に優しい食べ方もポイントです。
炭水化物で目指せ疲労回復!
炭水化物はヒトの活動に欠かせない
栄養素です。
炭水化物が消化吸収され糖になります。
身体を動かす、脳が活動する素になるのが
この糖質。
絶対に必要な糖は炭水化物からできるのです。
疲れがたまりやすいだるい身体には炭水化物が必要です。
カロリーが気になる方は、朝食やランチに
炭水化物を食べて下さい。
特にお米はたんぱく質やビタミン、
食物繊維も豊富な炭水化物。

鉄分に酸素を運んでもらおう!
酸素を運ぶヘモグロビンを構成する鉄分。
不足すると酸素がスムーズに運ばれないので、
疲れやすくだるさの原因となります。
鉄分だけではなくビタミンCやたんぱく質と
同時摂取をすると、吸収率があがります。
レバーやカツオなど鉄分を含む食べ物と
一緒にビタミンCのレモンやゴーヤを
食べましょう。
梅雨だからのおススメ食べ物は?
6月に旬を迎える野菜にらっきょうが
あります。
下ごしらえが少し手間なのですが、
ホームメイドのらっきょう漬けに挑戦する
方もいますよね。
らっきょうは梅雨の時期に最適な食べ物です。
ビタミンB1を多く含むので、豚肉と食べると
疲労回復に効果があります。
ポークカレーにはらっきょうですね。
但し食べ過ぎはよくありません。
胃を刺激するので一日に4粒までに
して下さいね。

梅酒・梅干し・梅ジャムと幅広く愛される梅。
疲労回復のクエン酸を含むのは誰もが知って
います。
ミネラルやカルシウムも含まれていて、
梅酒にももちろん効果が期待できます。
梅と白砂糖で作る梅シロップならお酒に
弱い方も楽しめます。
梅雨対策のだるいを改善、血行促進の効果も期待できる
クエン酸が手軽に摂取できます。
もう一つ旬をご紹介。
6月が出荷のピークの枇杷(びわ)です。
優しいオレンジ色の実は、体内では
ビタミンAに変わるβカロテンがたっぷり。
免疫力を高める効果があるビタミンAも、
だるい梅雨の身体を助けてくれます。
雨の多い時期に旬を迎える食べ物は、
それに負けない栄養素を豊富に持って
いるのです。
梅雨もその後にくる夏もしっかり乗り切るためには、
「美味しい旬を見逃さない」がカギになります。
忘れないで下さい
暑い暑い夏を乗り切るにはこの梅雨を
如何に乗り切り体力を温存できるかで
決まります。
しっかり食べて夏の暑さに負けない
体力を梅雨の間に作って下さい。



SNSフォローボタン

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする