残り物カレーは危険!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする


残り物カレーは危険!!
カレー大好き人間としてはショョック
私は家内が留守の時は大量のカレーを作ってもらい
毎日3度3度食べるのが楽しみなんですがこんな危険が
有るとは思いませんでした。
残りは速やかに温度を下げ冷凍すると有ります。
しかし私は常温で保存し毎回暖めル方が美味しいし
其れにより食中毒の経験は有りません。
何故なんでしょう?
『寺内貫太郎一家』の時代の日本人は、
「ランサムウエア」はもちろん、インターネットとも
無縁だった。
ただウエルシュ菌は、そこかしこに存在していた
「ゆうべのカレーの残り」が、問題を起こした話を
聞かないのは、なぜだろう。
食中毒を防ぐ知恵があったのか、お腹(なか)が
丈夫だったのか。
其れとも昔の人は(私も含めて)お腹が丈夫なだけで無く
何か今の人と違う体制が有るのか?
おそらく問題はそんなことでは無く寸胴鍋による
調理方法で鍋底部分のかき混ぜが出来ず嫌気性の
ウエルシュ菌が消滅しなかった事では無いでしょうか?
調べてみましたが下記の様な忠告を見つけました。



ウェルシュ菌は、人や動物の腸内や土、
水中などに存在します。
食品では、牛肉、豚肉、鶏肉といった食肉や
魚から多く検出されます。
食中毒の原因となる菌は熱に弱いものが
ほとんどですが、ウェルシュ菌は煮沸を
1時間以上行っても死滅しないという特徴が
ありそのため、加熱処理をした食品であっても、
常温で放置しておけばウェルシュ菌が
増殖します。
また、ウェルシュ菌には酸素を嫌う性質が
あり、空気のあるところでは増殖しないという
性質があります。
時間をかけて底の深い鍋で煮込むスープや
カレーなどは、中心部の酸素が少なく
なりやすいため、増殖するには絶好の環境と
なります。
給食のカレーによる食中毒などの事件が」」」起こるのは、このためです。
ウェルシュ菌食中毒の症状
ウェルシュ菌に感染すると、6~18時間の
潜伏期間を経て発症します。
軽い腹痛と水のような下痢をくり返すのが
主な症状ですが、1日ほどで治まります。
嘔吐や発熱はほとんどなく、食中毒の
症状としては軽いほうと言えます。
ただし、前述のとおり、ウェルシュ菌による
食中毒は、一度に大量の調理を行うような
給食施設などで発生することが多く、
集団感染を引き起こしやすい傾向にあります。
症状は軽くても発生規模は大きくなりがちなので
、別名「給食病」とも呼ばれています。



子供の給食が心配される事がこの上記から
分かりますが何故残りカレーが有るのでしょう。
本来給食とは全校分の作るだけでも大量なのに
残りカレーが有るとは考えにくいのですが?
其れとも作るのに時間がかかるため1日前に
作って翌日出すのでしょうか?
昼食に間に合わせるにはカレーは時間が
足りないのかな?
疑問は色々ありますが子供から大人まで
人気のカレーです何とかその日に作って
昼食に出して欲しいですね。


SNSフォローボタン

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする