警告!!梅雨前から体力作りしないと夏ばてしますよ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする


憂鬱にさせる「梅雨」体調不良で悩まれる
ことはありませんか?

風邪、頭痛、腹痛、目まい、倦怠感、体の冷え、
肩こりや腰痛など、有りませんか?
梅雨の間ずっと体調不良に悩まされる日が
続いてしまうかも。
実は、梅雨の時期はとっても体調を崩しやすい
気候になっているのです。
梅雨時期の体調不良とは?




1. 自立神経
気温差や湿気の変化などが自律神経の乱れを
引き起こし体のだるさ、頭痛、腹痛などの
症状が現れます。
また温度差の激しい日には冷えや、肩こりの
症状が出たり風邪を引いたりします。

2.湿気
湿気が高いと体内の水分が体表から
排出しにくくなりむくみの原因となります。
また気温が高く湿気が高いと細菌の
繁殖スピードが速くなり食中毒の
危険性が高くなります。

食事:ビタミンB群
ビタミンB群は魚介類、牛乳乳製品、
卵などの動物性食品が挙げられます。
また、納豆や緑黄色野菜、キノコ類にも
比較的多く含まれています。
またビタミンB群の中の「ビタミンB1」は
疲労回復ビタミン』『ストレスビタミン』
とも呼ばれるほど、疲労やストレスに
対して絶大な効果を発揮しますが
「ビタミンB2」も、糖質や脂質、
タンパク質をエネルギーに変えるときに
必要なビタミンです。

ビタミンB1を含む商材は
玄米・発芽米・全粒粉パンなど
胚芽つきのもの、豚もも肉、
豚ロース肉、紅鮭などがあります。
B2を多く含む食材は
魚介類、牛乳
乳製品、卵などの動物性食品が挙げられます。
また、納豆や緑黄色野菜、キノコ類にも
比較的多く含まれています。



体を温める食材
ねぎ、しょうが、
とうがらしといった、薬味やスパイスとして
活躍している食材が挙げられます。
食材としてはごぼう、人参、レンコンなどの
根菜、卵、赤身肉、チーズ、魚介類など
色が黒、赤オレンジが多いですよ。

体を冷やす食材
トマト、キュウリ、ナス、スイカなど
意外に夏に旬を迎える食材なんです。
暑くなった体を冷やすための食材でしょうが
体力の落ちている時は避けた方が
良いでしょう。

夏の暑い暑い日々を乗り切り爽やかな秋に
美味しいもの沢山頂いて楽しいイベントに
参加、また旅を楽しむのも良いでしょうが
其れには今から体調管理に万全をきして
秋を楽しみましょうね。
いかがだしたお役に立ちそうでしょうか?


SNSフォローボタン

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする