渋谷暴動の大阪正明容疑者逮捕?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする


45年たち白髪に眼鏡、男は呆然と
立ち尽くしていた…

最近は社会情勢の変化や高齢化で
組織の結束力が弱まり、内部から情報が
寄せられ始めているという。
45年が過ぎ、捜査は新しい局面を迎えていた。
大阪府警は広島県内で公務執行妨害容疑の
男が、1971年に東京都で起きた
渋谷暴動事件で警察官を殺害したとして、
殺人容疑などで全国に指名手配されていた
過激派「中核派」の大坂正明容疑者

名前:大阪正明(おおさか まさあき)
生年月日:1949年9月29日(67歳)
出身地:北海道
身長:178cm
体型:やや痩せ型
髪型:ウェーブ
特徴:面長で色白、猫背、右目下に1~2針
   縫った跡 


渋谷騒動
東京・渋谷で1971年、沖縄返還協定の
批准に反対する過激派のデモで、警察官1人が
死亡した「渋谷暴動事件」。

逮捕記事は下記



 
18日午前8時半ごろ、広島市中心部から
離れた安佐南区の閑静な住宅街。
5階建てマンションにある中核派の
非公然アジトに、府警の捜査員が踏み込んだ。
住民は「警察官が20人近くいて『
おとなしくしろ』と大声を上げていた」と
話す。
捜査関係者によると、2LDKの室内に
男2人が立ち尽くしていた。
1人は有印私文書偽造・同行使の疑いで
逮捕状を取っていた非公然活動家の
鈴木哲也容疑者(52)。
もう1人が大坂容疑者とみられる男だった。
男は水溶性の書類の処分を試み、捜査員に
体当たりしたとして公務執行妨害容疑で
現行犯逮捕された。
45年の歳月をかけ地道な捜査が報われた
瞬間だが殉職警部補の同期ら感慨は
胸のつかえ下りたと伝えた。
捜査関係者は「絶対に本人というには
もう一歩必要だ」と慎重な姿勢です。
今後の解明で明らかになるでしょう。


SNSフォローボタン

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする