夏バテしない食生活

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする


夏バテしない食生活
人間は汗をかくことで体温を保っています。
しかし、現在はエアコンの普及により、
汗をかく機会が少なくなっています。
汗をかかなくなると交感神経のはたらきが
鈍り、体温調節機能が鈍くなり、夏バテの
原因になり自律神経失調症になりやすく
なります。
また食生活でも、糖分の多い清涼飲料水の
摂り過ぎによる食欲の低下や、
消化吸収能力の低下がみられます。
夏はビタミンやミネラルなどの栄養素が
摂りにくくなり、これらが原因で夏バテが
起こるといわれています。
暑さが続くと慣れにより汗の出始める気温や
体温が低くなり、汗の量が増え体温は上がり
にくくなって、暑さに対する耐性も高まります。
これは短期暑熱順化と呼ばれる現代人が
本来、身体に備わった能力を発揮できない
ライフスタイルを選んでいることも
夏バテの一因といえそうです。


夏バテとエアコン

冷やしすぎは身体の冷えから血行不全、腰痛、
肩こりなどを起こすことも少なくありません。
だるさには、入浴や適度な運動により血行を
よくすることが効果的です。
このような症状防止しには外気温と室温との
差は5℃ぐらいが良いでしょう。

夏の食べ物は夏バテ予防に効果的?

夏の食事はサッパリしたものになりがちです。
「土用の丑の日」にビタミンA、B1が多く
含まれる鰻を食べる習慣は理に適っている
ものなのです。
また、私たちはインド人に次いでカレーが
好きな国民のようです。
ピリ辛料理は血行を良くし、発汗を促し
新陳代謝を盛んにします。
冷房の冷やしすぎより起るむくみやだるさと
いった症状も、新陳代謝の回復により徐々に
改善されます。
スパイス類は胃を刺激し、胃酸の分泌を助け、
食欲を増進、さらに消化も促進させます。

夏バテと食欲不振

食欲がなくなると必要な栄養素が十分に
摂れずに、バテてしまいます。
鶏肉や白身魚は消化がよいので、消化機能の
低下している夏向きの食品です。
シソやミョウガなど旬の香味野菜で
香り付けをしたり、柑橘類の酸味をきかせて、
消化液の分泌を促進するものくずや
ゼラチンな どのどごしのよい料理も
おすすめです。
また、いくら暑いからといって、すべての
料理が冷たいものでは感心し ません。
血行を良くし新陳代謝を高めるうえからも、
1品は熱い料理を取り入れましょう。
中途半端な温度の料理は食欲を減退させます。
熱いものは熱く、冷た いものは冷たくして
いただきましょう。



また夏に必要なビタミンとは?

ビタミンB1

ビタミンB1には即効性は有無くあわてて
ビタミン剤やドリンク剤を飲んだり、
食事に気を配ってもすぐには
疲労回復効果が期待できません。
ビタミンB1が多く含まれる食品
大豆、ごま、玄米、強化米、麦、のり、
胚芽米、豚肉、牛乳、レバーです。
ニンニク、ニラ、ネギなどは身体の中で
ビタミンB1の利用効率を高めますので
、一緒に調理すると効果的です。

ビタミンC

ビタミンCはたんぱく質と一緒に摂ると、
体細胞をつないでいるコラーゲンを
作り、さらに免疫力も高めます。
ビタミンCを多く含まれる食品は
みかん、いちご、ブロッコリー、ほうれんそう、
ピーマン、いも類、豆類、緑茶
つまり朝1杯のトマトジュースや柑橘類の
ジュースの習慣は、身体を目覚めさせ
ストレスに負けない身体づくりにも
効果的が有ります。

夏のトラブル

夏風邪、夏ばて、肌荒れ、むくみまた
恐ろしい食中毒と夏に気を付ける事が
多くあります。
しかし夏祭り、花火大会、海水浴、
野山のキャンプなど楽しいことも
沢山有るのです。
夏をめいっぱい楽しむには体調を崩さない
事が第一です。
日頃の食事に気を付け生活環境を整え
楽しい夏を快適に過ごしましょう。


SNSフォローボタン

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする