夏風邪!なめてませんか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする


夏風邪とは夏にひく風邪のことなんて思ってません?
夏の風邪と冬の風邪はウイルスの
タイプが違います。
夏と冬では症状にも大きな
違いがあります。
対処法を間違えると悪化させる
危険がありますので間違えないで
下さいね。
夏風邪ウイルスは冬のウイルスと
違い高温多湿を好み
冬のコロナウイルス、RSウイルスまた
インフルエンザのように低温、
乾燥環境で繁殖するウイルスと違い
夏のエントロウイルスやアデノウイルスは
高温多湿を好み梅雨から夏にかけて
活発になります。
症状は発熱に加えて腹痛や下痢、
ドの痛みなどが特徴的な症状です。
エンテロウイルスは腸で急速に
増殖するため夏風邪はお腹に
きやすいとも言われます。
ノドの痛みは、咽頭炎などを
引き起こし、食べ物や飲み物が
ノドを通らなくなることもあります。
その結果、体力が低下して夏バテの
原因にもなりかねません。
夏風邪を軽く考えるのは
油断ですよ。
油断すると症状が長引きやすく何時までも憂鬱な
状態が何時までも続き家族の感染も心配されます。

風邪かなと思ったら
対処が必要ですがどの様な対象があるのでしょう。
発熱時には市販の解熱、鎮痛薬、風邪薬などは
腹痛や下痢を伴う場合、風邪薬や下痢止め薬で便秘に
なると、症状が長引くことになりかねません。
腹痛や下痢が続くときには、早めの受診を
お勧めします。
また咽頭炎などを引き起こし、食べ物や飲み物ノドを
通らなくなることもあります。
その結果、体力が低下して夏バテの原因にも
なりかねません。
下痢による脱水症状に高齢者のかたは注意が必要です。
発熱で体がだるいと脱水症状に気づきにくいので、
定期的(1時間に1回程度)な水分補給を忘れ無い。
水分を十分に摂ってぐっすり眠り、体力の回復を
心がけましょう。

夏風邪の予防
冬の風邪は咳やくしゃみによる飛沫感染が
中心ですが、夏風邪の場合多くは経口感染です。
家庭内での手洗いやうがいを心がけ
トイレや洗面所のタオルの使いまわしはしないこと。
炎天下での運動や外出、睡眠不足や不規則食事などで
免疫力が急速に低下することがあります。
睡眠不足には15分ほどのお昼寝が有効です。
寝不足、疲れを感じたら昼寝をしましょう。
エアコンを長時間使用はストレスから免疫力が
低下します。

食事面では
発汗をうながし、免疫力を高める
ショウガやニンニクを使った料理が、
夏の体力維持にはピッタリです。
食欲がなく、肉類などが重く感じられるときには、
チーズやヨーグルトで動物性たんぱく質を
補うようにしましょう。
乳製品のたんぱく質には、免疫を活性化する成分が
多く含まれています。



手足口病も注意
夏風邪とつながりのある複数のウイルスが
関係していると考えられています。
以前は子どもだけの病気と思われて
いましたが、最近は大人の発症も報告されています。
子供の場合は軽症で済みますが大人の場合は痛みが
あったり、高熱を発したりして、寝込むケースも
少なくありません。
症状は1週間ほどで治まりますが、仕事や
日常生活にも支障をきたすので注意が
必要です。
大人の手足口病は、その大半が子どもからの
感染です。
したがって夏風邪の子ども、あるいは手足口病の
症状のある子どもがいる場合は、十分に注意しましょう。
また、手足口病の場合は飛沫感染もあると
されるので、咳やくしゃみが出ている場合は
マスクをさせて感染を防ぐ心がけも大切です。

夏場は冷たい物の摂取、蒸し暑さによる寝不足
食欲不振で体力、免疫力が落ちています。
水分の定期的な補給、快適な睡眠に必要な環境作りなど
出来る事を頑張りましょう。

SNSフォローボタン

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする