肌は排泄器官

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする






肌は排泄器官・吹き出物の場所で分かる
臓器の不調。

大きな吹き出物がでまして・・・
それが赤くなって痛くて若い時の
ニキビと違い大人ニキビは頻繁でない
からこそ注意が必要。
肌は排泄器官ですから体内の不調を
教えてくれる。
私は顎にでっかいのがブツリと出た
これは体内のどこと関係があるのだろうと
調べました。
ニキビの場所と対応する不調箇所

•おでこ周辺:胃腸の不調
•目の周り、こめかみ:肝臓、腎臓の不調
•頬、鼻のニキビ:胃、肝臓、大腸、肺の不調
•口周りのニキビ:胃腸の不調(暴飲暴食、
偏食、胃腸過多など)
•あごのニキビ:婦人科疾患、冷え性

•胃腸:消化機能低下
•肝臓:栄養貯蔵、解毒
•腎臓:老廃物を排泄する

•スキンケアで肌に栄養を与える、肌を
•改善させる事ばかりに気をとられ忘れ
•いるのが、実は肌は立派な排泄器官と
いう事なのです。

特に鉛・亜鉛・水銀・農薬は汗からしか
排泄できないと言われます。
肌は排泄器官だから何も肌ケアはしない
方がいい化粧品は浸透しない方がいい
など言われていますが確かに肌をキレイに
みせる身体のサインを見落とす危険が
無いとは言えませんが20代前半なら、
夜寝不足暴飲暴食も肌には影響しない
でしょう。
それは臓器が健康だから肌への影響も
少かったのです。
しかし年をとると臓器の機能も低下すると
共に、その影響で肌に状態のサインとして
現れてくるのです。




内臓の不調が顔に表れる原因は何?
ニキビができる原因としては、不規則な
生活やホルモンバランスの乱れ、
ストレス、メイクの刺激などで皮脂が
過剰に分泌され、毛穴が詰まることが
挙げられます。
そしてそれに内臓がどう関わっているのか
ですが、寝不足やストレス、疲労が溜まると
体は当然疲れますよね。それと同じように、
内臓も疲れるのです。
胃腸の機能が低下すれば消化吸収の能力が
低下します、消化しきれずに残った余分な
栄養が毒素が体の内側に留まり、
必要な栄養素が吸収されないと肌の機能が
落ちてニキビとなって表れたりします。
肝臓に疲労がたまると血液の浄化作用が
落ちて、老廃物の多いドロドロの血液に
なり吸収した栄養素をうまく肌まで
運べなくなります。
腎臓機能が低下すると老廃物を機能不全で
毒素が体外に排出きません。
 
どうすれば内臓機能を高まるの?
それは内臓を休ませてあげることです。
つまり、日々の食生活、生活習慣を
見直す。
•油っこいスナック菓子や、インスタントなどの
加工食品は控える

•血液をさらさらにするために水を1日に
1.5~2リットル程度飲む
梅干しなども血液サラサラに効果あります。
•腹八分目を意識して、暴飲暴食、
アルコールの摂りすぎは控える
少しずつ意識して変えて内臓機能が正常に
戻り、ニキビなどの肌トラブルのない綺麗な
肌へ変ましょう。



ニキビができる原因は
内臓機能の低下にあったのです。
しかし油っこいもの大好きお酒も好き、
何よりも食べること自体が大好き人は、
気をつける事です。
内臓の調子が悪くなると、ニキビ
だけでなく便秘や下痢、胃もたれなど
体によくないことが多いので、
規則正しい生活習慣を身につけ、
体に良いものを食べる体の内側から
綺麗になりましょう。



SNSフォローボタン

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする