肌トラブル対策・・夏

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

夏は脂性肌、冬は乾燥肌…という方も
多いのではないでしょうか?

毛穴の詰まりやニキビだけでなく、
シミなどの肌トラブルの原因にもなる
皮脂の過剰分 泌。
実は冷房による乾燥でも引き
起こされるのはご存知ですか?
一筋縄ではいかない夏の
脂性肌を制すれば、
冬の乾燥肌も改善するかも?
!皮脂の過剰分泌を防
夏の皮脂対策を学び、
肌トラブルを防ぎましょう。



トラブル1:夏限定ギトギト脂性肌
冬は乾燥肌、夏は脂性肌なぜ?
実は隠れ乾燥肌「インナードライ肌」なのです。
それは乾燥肌が原因で皮脂が過剰分泌される
ことが原因です。

皮脂の過剰分泌
1】汗が分泌されると皮脂分泌も
増えること。
汗の水分と皮脂の油分でできた天然の
クリーム、皮脂膜のバランスを保つために
起こります。
2】 油である皮脂が、気温が低いときより
高いときの方が肌表面に出やすくなること。
3】 冷房による乾燥で
インナードライ肌が悪化すること。

皮脂分泌の抑制と乾燥肌対策
皮脂の過剰分泌は、皮脂分泌の抑制と
乾燥肌の改善がポイントとです。
こまめに汗をふき取りましょう。
汗の分泌により皮脂が増えるのを
防ぐためです。
皮脂コントロール機能のある化粧水も
皮脂分泌の抑制となるためおすすめです。
乾燥肌対策としては、こまめに
保湿するようにしましょう。
特にエアコンの効いた屋内は肌も乾燥します。
化粧の上からミスト化粧水をふりかけ、
ティッシュで余分な水分と皮脂を
オフするテクニックは、保湿しつつ適度に
皮脂が取れるためおすすめです。

頬と顎の肌荒れは
脂質や糖質の摂りすぎストレス、
便秘、肝機能などのトラブル、
食生活の乱れなどが原因です。
ホルモンバランスの乱れ
夏は暑く寝苦しいため、
知らず知らずのうちに睡眠不足に
陥りがち睡眠不足やストレス、
食生活の乱れはホルモンバランスを
乱します。



Uゾーン
睡眠を取ることと、ストレスをためない
生活を心がけると改善します。
また睡眠を取ることでストレスをためない
ように心がけることが大切です。

顔がムズムズ
かゆみは一種のアレルギー反応です。
雑菌、肌のphバランスの崩れ、バリア機能の
低下、などなど…肌への刺激がかゆみを
引き起こしています。
汗はこまめに拭きましょう。
夏だけニキビケアの化粧品に変えたり
敏感肌用に変えたりなど工夫して
みましょう。
炎症を起こしている場合は皮膚科を受診して
ください。
関連サイト紹介
↓     ↓    ↓    ↓
顔がかゆい
気になる凸凹ニキビ跡を改善したい!
ニキビの直し方



SNSフォローボタン

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする