東名高速・空飛ぶ乗用車

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする





動画は此方を
↓  ↓  ↓
空飛ぶ乗用車
車が空から降ってくる。
あり得ない事故です。
つまり予測不可能な事故です。
原因究明は此れからのようですが
なれない代車で起こった事故で整備に不備は
無かったとしても操作ミスの可能性は
大きくなります。
此れからの検証も気になります。
今回は観光バスのレコーダー映像が
公開されましたので記事と動画を
紹介します。





愛知県新城市の東名高速道路で乗用車が
中央分離帯を越えて対向の観光バスに
衝突した事故で、県警は10日、バスの
乗客乗員47人のうち45人がけがを
負ったと明らかにした。
ドライブレコーダーの映像では、
車は反対車線で分離帯にぶつかって
跳び越え、空中を回転しながらバスの
フロントに激しく衝突していた。
6人が腕などを骨折し、残りは軽傷だった。
乗用車を運転し、死亡したのは
浜松市東区の医師、伊熊正光さん(62)と
判明。県警は、車が分離帯を越えた経緯を
調べるなど事故の原因を捜査している。
県警などによると、事故は10日
午前7時半ごろ、東名高速上り線の
新城パーキングエリア付近で発生。
バスは愛知県豊橋市の「東神観光バス」が
運行し、日帰りツアーで愛知県豊川市を
出発し、山梨県などに向かっていた。
バスには乗客44人と運転手、ガイド、
添乗員の3人が乗っていた。



SNSフォローボタン

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする