アップルペイ」詐欺・全国初摘発  「本人確認甘い」

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする






世の中便利になり現金を持ち歩く
必要もなくなりつつ有りますが
その分危険な事も有ります。
現金は財布の中に有る分だけの
被害で済みますがカードや
アップルペイなどの電子機器を
使った決済では今回のように
「携帯電話の持ち主が変わった」
などと偽り、認証コードをカード名義人
とは別のメールアドレスに送らせて
認証を取得して500万弱の詐欺
怖い話です。
ニュース記事では下記の様に報じて
います。





世の中便利になり現金を持ち歩く
必要もなくなりつつ有りますが
その分危険な事も有ります。
現金は財布の中に有る分だけの
被害で済みますがカードや
アップルペイなどの電子機器を
使った決済では今回のように
「携帯電話の持ち主が変わった」
などと偽り、認証コードをカード
名義人とは別のメールアドレスに送
らせて認証を取得して500万弱の詐欺

ニュース記事では下記の様に報じています。




昨秋登場した「iPhone7」の決済機能
「アップルペイ」で大量の商品がだまし
取られる事件を埼玉県警が全国で初めて
摘発した。
県警によると、アップルペイを使った
詐欺事件の摘発は全国初。
1回の決済上限額は2万円で、被告は
中国籍の男女3人、約10時間にわたり、
未遂分も含めて決済を704回繰り返して
いた。
対応したコンビニ店長は
「爆買いの中国人」と思い不審に
感じず、カード会社が県警に
相談した。
大手カード会社によると、アップルペイを
利用するには、カード情報登録のために
カード会社から送られる認証コードが
必要。
捜査関係者によると、今回の事件では「
携帯電話の持ち主が変わった」などと偽り、
認証コードをカード名義人とは別の
メールアドレスに送らせていた。
他人のクレジットカード情報を登録した
アイフォーンを使う手口。
店頭などの読み取り機にスマートフォンを
タッチするだけで代金を支払える
決済サービスが普及する中、専門家は
「カード会社の本人確認が甘い」と指摘し、
早急な対策を求めている。




携帯電話は最近の機種ではPC
を持ち歩いているのと同じような機能を
搭載す様になり便利では有りますが
その分危険でも有ります。
今回はパスワードの解読では有りませんが
カード会社の仕組みの問題で今後の対応を
見守る必要がありますが紛失、盗難などは
自己責任です。
またパスワードの設定、変更は長期間、
同じでは危険です。



SNSフォローボタン

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする