夏の血圧低下・夏の高血圧

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする





気温が上がるこれからの時期は、血圧が

低下しやすい。

高血圧の人でも、下がり過ぎで不調に

陥る場合も有ります。

血圧は高くても低くても体調不良になり

取り返しのつかない事態を招くことが

有りますので体調の変化に注意が必要です。

夏ならではの低血圧対策をとは?

夏に血圧が下がる要因は2つある。

1】気温が上がり、体内の熱を放散するために

血管が拡張する

2】汗を多量にかくと、血管内の水分と塩分を

失う

高齢者は血圧が下がり過ぎてだるさや

立ちくらみ、ふらつきなどの症状が

出ることがあります。

高齢者は血圧を調節する力が低下しているので、

若い人なら問題にならない程度の血圧の

低下でも症状が出やすい。

転倒の原因にもなる特に降圧剤を使っている人、

利尿剤を飲んでいる人と高齢者は

下がりやすいので要注意です。

この時期は熱中症対策が必須

熱中症になると、血圧が高めの人でも急激に

血圧が低下するので、非常に危険です。

熱中症の予防がそのまま血圧変動対策に

なります。

夏は体内の水分が減って血圧が下がったり、

血液がドロドロになったりして、心筋梗塞や

脳梗塞も起きやすい季節です。

脱水状態にならないように注意し

多量の汗をかいたときは、塩分を

含むスポーツドリンクなどを飲むと

良いでしょう。

日ごろから血圧が低く、夏のだるさがつらい

人は「この時期、食塩を普段より多めに

取るのも一つの手です。

外は猛烈な暑さ、そこから急に冷房の効いた

部屋に入ると冬と同じような状況となります。

夏でも冬でも、この温度差が心筋梗塞の

原因になることがあります。

また、暑い外と涼しい室内を行き来

していると、自律神経のバランスの

乱れにも繋がり、夏バテしやすく

なります。

温度差を減らす

室温を下げ過ぎない

外気との温度差は5℃以内

冷房はタイマーを使う

前日に比べて最高気温が5℃以上低い、

または5℃以上高い日は「脳卒中・脳梗塞注意報

水分補給

汗をかく前に水分補給、2時間おきにコップ1杯程度

アルコールは利尿作用がある飲む30分前までに

水分補給、ビール中ジョッキ1杯につきコップ

1杯程度

1日の水分補給は、戸外で活動する人は3.5L

室内(冷房環境下)にいる人は1.5Lが目安

高齢者はのどの渇きを感じにくいので定期的な

時間に水分を摂る

夏の脳梗塞は睡眠中から起床後の時間が多い

就寝前、起床後にコップ1杯程度の水分を摂る





夏場は熱中症なのか、血圧が上がって

いるのか症状が似ていて気付きにくい

時もあります。

ちょっとでもいつもと違うと

感じる時は、少しゆっくり休んだり、

心配な時は早めに受診するなど、

体の声に耳を傾け、無理せず

元気に楽しい夏をお過ごしください。

SNSフォローボタン

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする