米イージス艦衝突

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

動画は下記をクリックしてね
↓    ↓    ↓
米イージス艦衝突
17日午前2時25分頃、静岡県・伊豆半島南
端の石廊崎沖南東約20キロの海上で、
フィリピン船籍のコンテナ船
(222メートル、2万9060トン)から
「米艦船と衝突した」と第3管区
海上保安本部に無線通報があった。
イージス艦は右舷中央付近が大きく破損、
浸水し午前中の新聞紙上では磁力航行は無理と
あったが、米海軍のタグボートが伴走し、
自力航行で同基地に向かっているとのこと。
コンテナ船は船首左舷に衝突の跡があり、
午前9時半頃に東京湾に向けて航行を
再開した。




米海軍によると動力はガスタービンエンジンで
原子炉は搭載していない。
弾道ミサイル防衛システム(BMD)を
備えており、今月上旬に日本海で行われた
日米合同訓練に米原子力空母2隻などと
ともに参加していた。
同艦は乗組員約300人で、16日
横須賀基地を出港。
通常のパトロール中だったという。
衝突でブライス・ベンソン艦長ら3人が
頭などを負傷し、海自ヘリで横須賀
米海軍病院に搬送された。
行方不明の7人は海に投げ出されたと
みられ、日本の海保と防衛省、米海軍が
船舶や航空機で捜索している。
米太平洋艦隊のスウィフト司令官は
日本の仲間たちの援助に感謝すると
コメントした。




同艦は同基地を母港とする米第7艦隊所属の
ミサイル駆逐艦。
事故が起きた午前2時半頃の気象衛星の
画像で確認する限り、静岡地方気象台
によると、現場付近に霧はなかったと
いう。
海保の巡視船「かの」は午前4時40分
頃に現場海域に到着、その時点で付近は
晴れており、北東の風13メートル
波の高さは1.5メートルと伝える。
ただ下田海上保安部によると、現場海域は
黒潮の流れが激しく、船舶の衝突事故が
多発している。

SNSフォローボタン

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする