殺人ヒアリとは?!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

一番の問題は、極めて強い毒針を

お尻に持っているとこ。

人間を含めた様々な動物に攻撃を

しかけ 毒性が極めて高い上に、

集団で襲ってきます。

毎年100人近い人が死亡している

という報告がある、恐るべき殺人アリ。

そのヒアリノコロニーは女王蟻が1匹の

コロニーと複数の女王蟻からなるコロニーが

有り複数女王コロニーには数十匹の女王蟻が

1日に100匹の卵を産み急速にコロニーを

広げて行く。

かなり危険な蟻ですがこの蟻が神戸で

積み荷保管場所から30メートルも離れた

場所で見つかったと言います。

船内であれば駆除も出来たでしょうが

心配な状況です。



記事では下記の様に説明してます。

神戸市は18日、強い毒を持つ南米原産の

「ヒアリ」が、人工島ポートアイランドに

ある神戸港のコンテナヤードで見つかったと発表した。

目視で約100匹が群れていたという。

ヒアリは5月に中国から神戸港に

到着した貨物船のコンテナ内で、国内で

初めて発見。

今回確認された地点はコンテナの保管場所

から20~30メートル離れており、

市はコンテナにいたアリが逃げ出した

可能性があるとみている。

市は同日、久元喜造市長を本部長とする

対策本部を設置。

今後、ポートアイランド全域での生息調査を
行うとともに、アリを見つけても手で

触らないようにし、刺された場合は

安静にして医療機関を受診するよう

呼びかけている。

市や環境省によると、コンテナは

5月20日に中国・広州市の南沙港から

神戸港に到着した貨物船に積まれており、

25日まで神戸港で保管。

その後、26日に兵庫県尼崎市内で積み荷を

取り出す際にアリの群れが見つかり、

鑑定の結果、今月9日にヒアリと判明した。

このため、環境省はコンテナ保管場所の

周辺で緊急調査を開始。

16日、保管場所から20~30メートル

離れた舗装の亀裂3カ所でアリ約100匹の

群れを確認し、殺虫剤で駆除した。

18日になって専門家によりヒアリと

確認された。

特定外来生物に指定されているヒアリは、

赤茶色で体長2・5~6ミリ。攻撃性が

強く、刺されると痛みや発熱、

激しい動悸のほか、アレルギー反応による

アナフィラキシーショックを起こす

恐れがあり、米国では多くの死者が

出ているという。

南米原産で亜熱帯・暖温帯に生息し、

すでに北米や中国、フィリピン、台湾

などに外来生物として定着。

海外からの貨物にまぎれ、港や空港

などから侵入したとみられている。



刺されるとやけどしたような痛みに

襲われるみたいで、火蟻と言われる

所以はそこから来ています。

刺された時の症状としては、

かゆみや痛み、じんましんなどが出て、

アレルギー反応を起こしてしまうと

呼吸困難や意識障害、吐血なんかも

起きてしまう

見つけた時の対処法

  • 熱い熱い熱湯を巣にかける。
  • 殺虫剤を撒く。

この辺が効き目あるみたいです。

しかし巣の中までは効果が有りません。

巣の周りに毒餌をまくのが良いのですが

毒餌は注意が必要です。

ご注意下さい。

SNSフォローボタン

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする