産後の抜け毛はいつから?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

<script async

赤ちゃんを出産するという大仕事を

やってのけたママにとって、急に抜け毛が

増えたりすると不安に思いますよね。

いずれは自然に治まっていくとはいえ、

やはり女性としては気になる抜け毛・薄毛。

しっかりとケアして、できるだけ早い

改善を目指していきましょう。

産後の抜け毛は産後脱毛症や分娩後脱毛症

とも呼ばれ、経産婦の7割が経験している

ともいわれています。

そんな産後の抜け毛について、いつから

いつまで続くのか、おすすめの対策や

予防法をご紹介します。

産後の抜け毛とは?髪の毛が急に抜けるの?

出産後にやっと落ち着いてお風呂に入って、

シャンプーをしたり髪を乾かしているときに、

ごっそりと髪が抜ける、という状況につい

心配になってしまいますが、これは一時的な

もので産後半年から1年ほどで自然と

治まってきますので、それほど深刻に

なることはありません。

ただ、何か異常があっての抜け毛ではなく、

赤ちゃんを育てるためのママの身体の

変化による影響といわれているので、

安心してくださいね。

産後の抜け毛の原因は?

産後の抜け毛は、女性ホルモンの変化が

主な原因と考えられています。

妊娠中は、女性ホルモンの分泌量が増加

しますが、出産後は、女性ホルモンの

分泌も通常に戻り、子宮も収縮するなど

女性の体内は忙しく変化しています。

女性ホルモンの量が多いことで抜けて

いなかった毛が、女性ホルモンが

通常の量に戻ることで一気に

抜け落ちると考えられます。

● 慣れない子育てのストレス

● 髪が抜けることによるストレス

● 授乳やお世話で睡眠時間が少ない

● 食事がしっかり摂れていない

産後の抜け毛はいつからいつまで?

基本的なヘアサイクルは以下の

状態を繰り返します。

● 成長期(髪の毛が生える時期)2~6年

● 退行期(髪の毛が抜ける時期)2~3週間

● 休止期(髪の毛が生えるまでの休みの時期)

2~3ヶ月

産後の抜け毛に対策は必要?脱毛を

放っておいていいの?

産後の抜け毛は、生理的なことだと

考えれば特に心配する必要はありません。

ただ、あまり脱毛を放っておいても、

ストレスが溜まってしまいますよね。

少しでも早く回復したいという方は、

次の抜け毛対策を心がけましょう。

● 規則正しい生活をしてリズムを

整える

● 質の良い睡眠を多く取る

● ストレスを溜めない

産後の抜け毛予防になる食事とは?

忙しいママが抜け毛を防ぎつつ、

健康的に過ごすためには、

次のような栄養を食事で

積極的に摂取するように

しましょう。

1. カルシウム

牛乳や小魚、チーズに含まれる

カルシウムは髪に艶とコシを

与えてくれます。

カルシウムは産後特に不足しがちに

なりますので、骨や歯のためにも

積極的に摂りましょう。

2. たんぱく質

大豆、肉、卵などに多く含まれて

いるたんぱく質は髪の

原料になります。

大豆に含まれているイソフラボンは

女性ホルモンに似た働きをし、

髪の毛の成長を促します。

必要摂取量は40~50mg、

納豆1パック分ほどなので朝食に

取り入れたり、お味噌汁に

豆腐を入れたりすることで

手軽に摂取できます。

3. ビタミンB群

豚肉、レバー、大豆、まぐろや

カツオなどの魚に多く

含まれているビタミン

B群は、頭皮の環境を整え、

たんぱく質と一緒になることで

髪を作り出す役割があります。

また、代謝を促す効果もあるので

髪が生えやすくなります。

髪の主成分になるケラチンと

いうたんぱく質はビタミンB6が

ないと作られない為、とても

大切な栄養素だと言えます。

ビタミンB群は水に溶けやすい

性質があるので、煮物よりも

焼いたりそのまま食べたり

する方が多く摂取できます。

4. ミネラル(亜鉛、鉄)

髪を育ててくれるミネラル。

昔からわかめやひじきは髪に

良いと言われますが、

これらにはミネラルが豊富に

含まれています。

また貝類には亜鉛、ホウレン草や

レバーなどには鉄が含まれて

おり健康的な髪を育ててくれる

働きがあります。

髪に良い食材は色々ありますが、

バランスよく複数の食材と

組み合わせて適量を取り入れる

ことが大切ですよ。

産後の抜け毛にショックを

受けるのは仕方のないことですが、

楽しく育児をするためにも、

あまり考えすぎず、自然に

改善されるまで待つことが

大切です。

パートナーにも相談しながら、

できる限り無理をしないように、

気長に対策を続けられると

いいですね。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

</script>

SNSフォローボタン

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする