仮想遊園地」

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

都市部に次々 狭い土地でもドキドキ体験

仮想の遊園地

施設の老巧化も敷地確保も施設の建設も

怪我をするリスクも無い。

良いことずくめのバーチャル遊園地

将来予期せぬ問題も有るでしょうが

現時点では大人から子供まで楽しめる

ドキドキ体験が出来そうです。

此れから全国に広がって行くでしょうね。

あなたは体験してみたく有りませんか?

しんぶんきじでは下記の様に紹介してます。

ゴーグルを着けると、まるで本物のような

映像が見られる仮想現実(VR)。

この技術を使い、お化け屋敷や

ジェットコースターに似た体験を

楽しめる「仮想遊園地」が、

夏の行楽シーズンを前に各地で

次々と登場している。

大型テーマパークさながらの

ドキドキ体験を狭い敷地で実現し

、集客につなげる試みだ。

「ギャーッ」。

東京・渋谷の中心街にあるビルの地下1階。

大学生の女性(22)が首をゆっくり振ると、

突然叫んだ。

顔には360度の映像が見えるゴーグル、

耳にはヘッドホン。

廃虚の病院での心霊現象を疑似体験し、「

本当に歩いているようで怖くなって……」。

24日に開業を控える「シブヤVRランド」の

内覧会では、絶叫や笑い声があちこちで上がっていた。

運営するのは、長崎県佐世保市で

テーマパークを構えるハウステンボス。

1時間2200円(税込み)で、

約100平方メートルの室内で

5種類のVRを楽しめる。

高層ビルの合間で落下や上昇を繰り返して

スリルを味わったり、かっこいい男性や

女子高校生との疑似恋愛で「壁ドン」されたり。

どの体験も数分ほどで、ハウステンボス内では

すでに設置されて人気という。

高木潔専務は「VRは知名度の割に体験者が

少なく、成長の余地が大きい」。

渋谷以外での開業も計画中だ。

ゲーム開発の

バンダイナムコエンターテインメントも

7月、東京・新宿の映画館跡地に

「VR ZONE SHINJUKU」を開く。

ジャングルで恐竜から逃げたり、人気アニメ

エヴァンゲリオン」の世界を味わったりできる

VRを計15種類そろえ、入場料は4種類分の

チケット込みで4400円(同)。

神戸市でも9月に小型店を開き、来年

3月までに国内外の都市部に20店以上を

計画する。どうです楽しみですね~

ハウステンボスのホームページは

下記のをクリック下さい。

↓     ↓     ↓

ハウステンボス

SNSフォローボタン

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする