梅雨前線北上・・2

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

近畿で猛烈な雨 西・東日本の太平洋側はあすにかけて大雨警戒

20170625-00010001-wmap-000-3-view.jpg

25日午前5時過ぎの雨の様子。

西日本や東日本の太平洋側では、

あす26日にかけて雷を伴った非常に

激しい雨が降り、大雨となる

おそれがあります。

土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水、

氾濫に警戒・注意し、落雷や竜巻などの

激しい突風にもあわせて注意が必要。

梅雨前線は九州から伊豆諸島付近に

のびており、26日にかけて停滞します。

この前線に向かって暖かく湿った空気が

流れ込むため、前線の活動は26日に

かけて活発な状態が続き、西日本や

東日本の太平洋側では、大気の状態が

非常に不安定になる見込みです。

20170625-00010001-wmap-001-3-view.jpg

25日午前9時の雨、雲の予想。

◆大雨・雷・突風

今日25日は西日本を中心に発達した

雨雲がかかり、近畿地方では未明、

1時間に約110ミリの猛烈な雨が

降った所がある。

このあとも活発な雨雲は西日本や

東日本の太平洋側を中心にかかる

見通しで、明日にかけて雷を伴った

非常に激しい雨が降り、局地的に

大雨となるおそれがあります。

20170625-00010001-wmap-002-3-view.jpg

25日午前4時半現在の土の中の水分量。

<26日朝までの予想雨量(多い所)>

九州南部 200ミリ

四国   150ミリ

近畿   120ミリ

九州北部(山口県を含む)、

東海 100ミリ

その後、27日(月)にかけても、

雨量の多い状態は続くことが予想

されるため、土砂災害や低い土地の

浸水、河川の増水や氾濫に警戒・

注意が必要。

特に近畿地方では、これまでの大雨で

地盤の緩んでいる所があるため、

土砂災害に厳重な警戒が必要となる。

また今朝07時31分に長野県木曽町で

震度5の地震も有り地盤が緩んでいる

事も考えられます。

周辺の方は雨が強くなったら早めの

非難も選択の一つに考慮して下さい。

SNSフォローボタン

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする