涼やか美人で過ごす夏の汗対策

スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

涼やか美人で過ごす夏の汗対策

「汗をかくと臭くなる!」

そうみんな思っているけれど、実は

汗そのものは無臭だということ、

ご存知でしたか?

汗は99%が水なのです。

そして、残り1%のなかには、塩分・

アミノ酸・乳酸・尿素といった成分が

含まれています。

特に乳酸と尿素は保湿成分でもあるので、

言わば汗は天然の化粧水だとも言えます。

だから代謝が良くて汗かきの人は、年齢を

重ねてからでもシワができにくい

メリットもあるんですよ。

そういった意味でも適度に汗をかくことは

美容にも良いのです。

実は汗の臭いの大きな原因はそのまま

放置することなのです。

汗をかいてしばらくすると“雑菌”が増えて

いきます。

それが臭いの原因になってしまいます。

汗の雑菌が増え、ニオイに変化するのは

「1時間~2時間」と言われています。

においを発生させる「アポクリン腺」

90%が水分のエクリン腺は全身にあり

体温調節のための汗を出す。

アポクリン腺

特定の部位わきの下や乳輪、性器の

周辺等にあり、においを出すための

汗を出します。

アポクリン腺から出る汗は、

エクリン腺から出る汗と違って

タンパク質・脂質・糖質・アンモニア

・鉄分等が含まれています。

これらの成分は、肌の上にある常在菌と

反応しやすく、においを出してしまうのです。

なぜわざわざ常在菌と常在菌と反応しやすい

汗がアポクリン腺から出るのでしょうか?

アポクリン腺から出すにおいはフェロモン

なのです。

脇の下や性器の周辺といった、性的な

ところにアポクリン腺が有ります。

またアポクリン腺が活発になるのは

性的に成熟した思春期以降です。

だから、昔々はアポクリン腺から出す

においは大切でした。

服を着るようになり髪型などで人間を

識別するのが簡単になった現在

退化しましたが中にはアポクリン腺の

数が多い人たちが比較的体臭が強かったり、

「わきが」と呼ばれたりする、

というわけです。

もしあなたがそうであっても、

セクシーな能力が強いということ

でもあるので、あまり落ち込まないで

くださいね!

男性も女性も、相手の体臭に惹かれる

ことがあります。

体臭には遺伝子的な好悪があって、

どんなに、素敵な顔立ちや育ちを

していても、 嫌いな体臭を持つ

相手には興味を持てません。

反面、好きなニオイの人物がいれば、

容姿や育ち関係なく好感を抱きやすく

魅惑されるのですから。

汗対策とは?

制汗剤を使う最適のタイミングとは?

エクリン腺の汗はにおいが出にくいので、

涼やか美人で過ごすためには

アポクリン腺の汗を攻略していけば

いいということになります

其れにはシャワーとお風呂あがりの

制汗剤です。

人間の身体は、汗が皮膚の上で蒸発

することで、体温が下がる仕組みになって

います。

その汗を完全にふき取ってしまうと、

肌表面の水分が不足し、汗が蒸発しにくく

なるため体温調整が難しくなります。

働いている汗腺が多いと汗が小粒で

蒸発しやすく、体もクールダウン

しやすくなりまが汗腺がうまく

働かないと汗は大粒になり、

蒸発しにくく体温調整が

うまくいきません。

夏本番前に休眠していた汗腺を目覚めさせ、

蒸発しやすい良質な汗をかいて、効率よく

クールダウンするには汗腺を目覚めさせる

事ですが最も効果的な入浴法は、手足の温浴です。

汗腺の多い膝下とひじから先を43℃程度の

お湯に10分ほど浸す方法です。

気温の高くなる夏は汗が出て当たり前、

特に、汗をかく肌に直接触れる

下着は汗をかきやすく、ムレないことが

一番の条件でもあるので、発汗性・吸収性・

乾燥性に優れたコットン素材のものが

おススメです。

衣服や汗の拭き方にも配慮して快適な

夏にしましょう。

SNSフォローボタン

フォローする

スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする