健康一覧

NO IMAGE

秋・旬の食べ物とは?

食材の旬というのは、最も多く収穫できる 時期。 市場にたくさん出回ることで価格的にも 手頃になりそして最もおいしい時期。 しかし店頭には1年中同じような食材が 顔を揃えています、子どもたちに食べ物の 旬を教えようと思ってもなかなかまま なりません。 旬以外の食べ物もいつでもバラエティ豊かに 揃うということは、一見豊かなことかも しれません。 でもそれは一方で、旬の時期を待ちわびる、 という楽しさを放棄してしまった生活でも あります。 「まだかな、もうすぐかな」と旬の時期を待つ 時間は、おいしいものをさらにおいしく いただくためのもうひとつの調味料でも あります。

NO IMAGE

20代・30代の若年性更年期障害

「更年期障害」は20代の女性にとっては まだまだ先の話と他人事でしょう。 30代以上になると、電車で汗を大量に 流して大変そうな女性を見かけて いつか来る更年期”におびえる方もいるのでは ないでしょうか。 一般的に更年期障害は、その名の通り 女性であれば更年期(45~55歳)、 男性であれば40代から症状が現れると される病気です。 しかし、本来ならば更年期障害にかかる 要素がないはずの20代30代でも、 現代社会における環境や風習などが原因で、 更年期障害のようなj症状を訴える人が 多数存在するのです。 そして、若いうちに起こるそのような 症状を「若年性更年期障害」と言います。

NO IMAGE

夏の終わりの体調不良! (夏バテ)

秋の気配を感じるには少し早いのですが 半月もすれば秋の気配を感じる様に なります。 今年も夏を乗り切った、と言いたい ところですが、本当に夏の疲れが出るのは、 夏の終わりから秋の初めにかけて、つまり これからが疲れの本番なのです。

NO IMAGE

夏ばてとは?夏バテの原因・症状

夏バテは、はっきりとした痛みや 日常生活に差し障るような 重大な症状無いことが多くつい 涼しくなるのを待っていませんか? 元気に過ごすためにちょっと工夫する だけで、夏バテは防げるものなのです。 暑い夏を元気に過ごすために、夏バテの 原因とメカニズムを知って、 予防しましょう。

NO IMAGE

夏の健康

夏と言えば、夏休み。 とりわけ子どもは楽しみな長期休暇に なりますので、生活リズムがくずれやすく なります。 夜ふかし、子供につられて朝ねぼうに なりがちですが、 子供とは運動量が違いますできるだけ さけましょう。 休みぐらいたくさん寝たいでしょうが 寝疲れしては元も子もありません15分程度の お昼寝をおすすめします。 昼下がりは一日のうちで一番気温も高く、 体を休めた方がいい時間帯ですので、 親子でゆっくり休んでください。 暑いと、食欲がおちて、のどがかわきます。 夏は暑さで体力を消耗しますので食事、 とりわけ一日のエネルギーの源となる 朝食はきちんととりましょう。 水分補給も大切です。

NO IMAGE

働く女性を悩ませる『むくみ』

足がむくむ原因を知り、 むくみ解消のスッキリ下半身の 方法を見ていきましょう。 足がむくむ原因は? 『むくみ体質』とよくいいますが、 これは『身体の水分代謝が良くない 体質』のことです。 ただの水も身体に入ったらすぐに 水分になるのではなく、 『生体水』に変える必要があり、 そこには吸収』と『代謝』という 2つの働きがあります。 この『吸収』と『代謝』が悪いと 行き場を無くした水分が重力により 下に溜まる為、『むくみ』が 生じます。 水分代謝が低下するには以下の 理由があります。

NO IMAGE

夏バテ

7月、いよいよ夏本番です。 実りの秋に向け疲れを残したく 無いですよね。 しかし此れから30度以上の気温と 60%以上の湿度のなか精神的にも 体力的にも限界を超えます。 すると『なんとなく食欲が湧かない…』と いう気持ちに代表される通り、 胃腸の不調から夏バテは出てきます。 どうしても暑く、汗が流れ落ちていくと」 水分補給の為にキンキンに冷えた 飲み物を」摂りたくなります。 火照った喉を滑り落ちていく、 あの冷たく気持ちよい感覚とともに 身体に潤いを与え、生きている!と 生命を実感する瞬間です。 またメデアで熱中症対策特番などで 一日に2リッターの水分補給が 必要などと報道されますが この水分補給にも夏バテのワナが あります。

NO IMAGE

ダイエット成功? いや夏のやつれ?

薄着になる夏は体型が顕著に 見えてコーデも悩みがちに なりませんか? できることなら、少しでも すっきり見せたいですよね。 そこで毎年夏が迫ってきたら、多くの 女性が多少無理なダイエットを 実行してでも体重を落とします。 露出が多くなる夏服では、 スリムな体型の方が絶対に 見栄えが良いですからね。 しかしダイエットで最も重要な ことは、食べる量を極力減らすことです。