未分類一覧

NO IMAGE

夏に怖い脳卒中

脳卒中は冬場に多いというイメージが 有りませんか? 国立循環器病センターの調査では、 脳卒中(脳梗塞)は6~8月の夏に多く 発症することを明らかになりました。

NO IMAGE

夏に注意する食生活て何??

暑さが本格化する初夏くらいから、 ドレッシングや酢の物をはじめ、 煮物、炒め物などさまざまな料理に とり入れていけば、暑さに負けない 体をつくっておくことができます。 また、暑い季節にはこまめな水分 補給も欠かせません。

NO IMAGE

夏に危ない頭皮

頭皮を守ると言うことは髪を守ることと 同じなのです。 十分な睡眠をと偏らない食事を心がけ ストレスをためないようリラックス できる環境作りで夏を乗り切り 秋の抜け毛を無くしましょう。

NO IMAGE

抜け毛対策

1番、髪が抜ける季節は夏だと勘違い していましたが、どの季節が 1番抜け毛になるのか?といいますと。

NO IMAGE

人気副主任は元ホスト

最近の世間の話題はやれ薬物使用 いじめ、無理心中、恐喝などなど 嫌な情報ばかりでうんざりしてましたが 神戸新聞に嬉しい話題が有りましたので ご報告します。

NO IMAGE

肌トラブル対策・・夏

かゆみは一種のアレルギー反応です。 雑菌、肌のphバランスの崩れ、バリア機能の 低下、などなど…肌への刺激がかゆみを 引き起こしています。 汗はこまめに拭きましょう。 夏だけニキビケアの化粧品に変えたり 敏感肌用に変えたりなど工夫して みましょう。

NO IMAGE

肌は排泄器官

ニキビができる原因としては、不規則な 生活やホルモンバランスの乱れ、 ストレス、メイクの刺激などで皮脂が 過剰に分泌され、毛穴が詰まることが挙げられます。 そしてそれに内臓がどう関わっているのかにですが、寝不足やストレス、疲労が溜まると体は当然疲れますよね。それと同じように、内臓も疲れるのです。

NO IMAGE

夏風邪!なめてませんか?

対処が必要ですがどの様な対象があるのでしょう。 発熱時には市販の解熱、鎮痛薬、風邪薬などは 腹痛や下痢を伴う場合、風邪薬や下痢止め薬で便秘に なると、症状が長引くことになりかねません。 腹痛や下痢が続くときには、早めの受診を お勧めします。

NO IMAGE

夏に心配なのは、日焼けニキビ!

夏は暑く、大量の汗をかきジメジメする日も続いて 肌はネチョネチョの環境になります。 すると菌とかも繁殖しやすくなるし、過剰な 皮脂分泌も相まって、ニキビができやすく なったりします。 また、汗によって毛穴にゴミが溜まって、 肌の呼吸を阻害してしまうことで肌最悪環境